タグ別アーカイブ: 舞獅

香港STYLE Vol.58 旧正月の舞獅 (2019.02.09)

香港からこんにちは

恭喜發財 (Gong Hei Fat Choi) !!

新年快樂 (San Nin Fai Lok) !!

 

豚年、明けましておめでとうございます🐷🧧🍊

 

今年は、2月5日に旧暦のお正月を迎えました。 旧正月は、香港でも一年で最も重要で盛大な中華圏のお祝い。

親戚、友人を訪ねて周る賑やかな旧正月の3日間を終え、香港のほとんどの企業や金融機関は、8日からビジネス再開。

さぁ今年もまた楽しくいい仕事をして、お金をたくさん儲けて参りましょう

 

さて、華やかな香港の旧正月を飾るのに欠かせないのが、ライオン・ダンス、

『舞獅』 (Mol Si)

 

英語圏にチャイナタウンが多いこともあり、広く「ライオン・ダンス (Lion Dance)」とも呼ばれてます。

かつてシルクロードを通って中国に運ばれたライオンは、中国文化では「強さ、英知、優越」のシンボル。

 

魔除けをし、幸運や富を招き入れる「招福駆邪」の旧正月ライオン・ダンス『舞獅』は、中国では西暦100年頃から行われてきたそうです。

その後、日本や台湾、マレーシア、シンガポール、ヴェトナムなどに伝わり、ライオンの容姿や内容は各国の民族性に合わせながら、それぞれ伝統芸能として広まり定着していったそうです。

日本のお正月でもおなじみの『獅子舞』は、中国のライオンダンス『舞獅』が元だってのですね。

 

ひと口に『舞獅』と言っても、国土が縦に横に広大な中国。

同じ中国国内でも民族性や地域性の違いは幅広く、例えば地方によっては方言以上に違いがある「殆ど外国語」状態ともなる中国語もそうですし、その地域による違いや個性は、ライオン・ダンス『舞獅』にもよく表れています。

香港スタイルの『舞獅』は、香港、澳門 (マカオ) を含む廣東省、海南省周辺、中国華南地區伝統のもの。 

例えば、北京など中国北部と香港の『舞獅』は何が違うかというと、まずライオンの華やかな色合い

 

縁起のいい赤、金、黄色はもちろん、オレンジ、ネオンイエロー、ネオンピンク、ネオングリーン、ネオンパープル、、、などなど。 とにかく、派手で強いけれど、明るくて温かい色の組み合わせを多様します。

 

そして忘れてならない、中華太鼓とシンバルのド派手でリズミカルな音

 

静寂は福を呼ばず。。。

これは、日常生活からしてまず間違いなく、香港人と香港の街に染み付いている「香港の常識」で、香港ライオン・ダンスの独特の音とリズムとこの勢いは、至極当然の成り行きでこのスタイルになったはず

そして、実際のライオンの動作を模倣している、と香港人は言いはる、要するに彼らが考えるところのライオン・ダンスのあの動き。

で、、、それが、カワユイ〜

 

何がって、その容姿、歩き方、口の開け方、表情、背伸びの仕方、語る背中、尻尾、、、動作の全てが

 

各商店の入り口にぶら下がった利是 (Lai Si。香港版お年玉) 付きのレタスを、、、

頑張って背伸びして取って、、、

 

 

むしゃむしゃむしゃ

 

そして、それを勢いよく吐き出して、福を撒き散らす、縁起のいいライオンくん。

 

利是 (Lai Si。香港版お年玉) の紅封筒も大好きで、、、

 

それに目がないライオンくんは、利是ゲットで、、、

お目目パチクリ瞬きして、どことなく嬉しそう

 

何とも愛嬌のある表情と動作でしょう?

大きな太鼓とシンバルの音、ノリのいいリズムとライオンの舞で縁起を担ぎ、今年一年の繁栄と招福を願う。

そして、利是を貰って福を撒いたら、フサフサの頭の毛と長い睫毛のつぶらな瞳でちゃーんとお辞儀をして、お礼を言ってから次に移ります。

 

香港人の、何をしても憎めない愛嬌ある気質そのものに私には見える、香港旧正月のライオン・ダンス『舞獅』。

 

私が、香港と香港人を愛してやまないもう一つの理由が、ここにもあります

 

JUN