タグ別アーカイブ: カルネ

香港STYLE Vol.65 バッグとジュエリーのおしゃれな関係 (2019.03.30)

香港からこんにちは

コンクリートジャングルの近代都市、というイメージの強い香港。

海と中国本土との国境に挟まれた香港は、拡大し続ける貿易のため港の規模は常に拡張、増え続ける人口を収容するために多くの建物が高層化、その高さの平均は世界最高レベルに達しています。

 

ところが、意外にも摩天楼のすぐそばには、緑豊かな自然が多く存在しているのも、香港。

 

早朝は、窓の外から聞こえてくる南国らしい鳥のさえずりで目が覚めることもあり、市内中心部から車を10分も走らせればそこは、南シナ海につながる翡翠色の海が、目の前に広がります。

そんな香港だからでしょうか。 金色や赤といった中華圏でのおめでたい色の他にも、自然をイメージさせる「綠」という色に、香港の人達は何かこう、特別な思い入れがあるようにも思います。

全ての幸運のお守りとされ、風水では豊かな創造性と知性を授ける色とも言われる神秘的な翡翠を、彼らが好んで身につけるのも、そんなところもちょっぴり関係があるのかもしれませんね。

二重に幸運が訪れる意味合いもある、ダブルフープデザインの翡翠イヤリング。

 

さてさて、女性の皆様は、ハンドバッグとジュエリー・・・と聞いて、思わずウキウキしない方なんて、いるでしょうか?

いつの時代も、女性も男性もそのどちらにも属さない人も、皆を笑顔にし幸福にしてくれる、私たちのベストフレンド。

そんなお気に入りのハンドバッグやジュエリーは、時に、大きな決断を前に躊躇しそうになる背中を押してくれたり、思い出と共に頑張ったあの頃を懐かしんだり、本当に価値あるもののプライスレスな大切さを教えてくれる。。。

マテリアルなのにマテリアル以上の、不思議な存在だと思います。

『運は裏切るけれど、努力とハンドバッグとジュエリーは裏切らないの』という、どこかで聞いた名言もなんだか笑っちゃうくらい、香港の街にはぴったりです。

そんな、ハンドバッグとジュエリーという特別な2つのアイテムが、完璧にペアリングされた、夢のようなコラボレーションが、先日3月27日に、香港で発表されました。

「FENDI 」の Peekaboo と「CARNET」の デザイナー、Michelle Ong 氏のコラボレーションです。

先日急逝したカール・ラガーフェルド氏のクリエイションにより、ファッション界で多くの伝説を作ってきた、イタリアの高級ブランド「FENDI」。 その FENDI で2008年に誕生して以来、愛され続けているアイコニックなハンドバッグに「Peekaboo」があります。

 

Peek-a-boo! そう、ピーカブーというのは、英語でまさに「いないいないばあ!」のこと。

バッグの内側と外側で全く異なる素材や色をデザインにすることで、バッグを開けた時、想像もしなかったハッピーな衝撃を与えてくれる、そんなバッグの作りが、「いないいないばあ!」と子どもに向けて顔を隠して手を開け、面白い顔を出して笑わせる遊び心に似ていることから、ユーモアを持って名付けられた、エレガントな名品バッグです。

そんな FENDI の Peekaboo を、パリの幻のジュエラー JAR のアジア版とも言われる、香港の高級ジュエラー「Carnet」のオーナーデザイナー、Michelle Ong 氏が Peekaboo を特別にデザインし、さらにCarnet のジュエリーを Peekaboo  に装飾したバッグを発表しました。

バッグのボディは、香港の人達が好む翡翠カラー。 Michelle 自身、翡翠にはポジティブなエネルギーと限りない豊かな喜びがあると言います。

一口に「綠」といっても、明るめの強い色を選ぶのが、やはり香港スタイルです。

同じくグリーン好きの英国人や英国では、絶対に選ばないタイプの色調ですね。

 

自身のデザインの Peekaboo を紹介する、ジュエリーデザイナー、Michelle Ong 氏。

ハンドルや淵のパイピングはブラックで締めて、全体はグリーンなのに、とてもモードで現代的。

それでいてどことなくクラッシックで品があるののは、Peekaboo が永遠のデザインであるというだけでなく、ハンドルと同じく黒で描かれた、アルハンブラと扇と格子の戸を模した組み合わせの幾何学的なデザインが、アジアならではの伝統的なものであるから。 

 

東洋の神秘ともいえる独特のオリエンタルデザインは、古くから欧米人が憧れてきたものでした。 ヨーロッパのデザイナーやブランドが、多くのインスピレーションを受けていますよね。

代表的なもので、ヴァンクリーフ&アペル社のアルハンブラ・シリーズや、カルティエ社のヒンドゥー・シリーズなどでしょう。

 

そしてハンドバッグのセンターに、Michelle 自身デザインのルビーとダイヤモンドを施したアンティーク調の龍が、魔法のように私たちを惹きつけます。

日本でも大変有名な香港の俳優 Tony Leung の太太 (広東語でMrsのこと) で、自身も大女優の Carina Lau も、Michelle Ong 氏がデザインするジュエリーは大ファンなのだそうです。

 

ハンドバッグというこの小さなスペースにおいても、東洋と西洋が出会い、影響し合い神秘的な世界を作り出していく、まさに香港という街のようなMichelle Ong 氏と FENDI のコラボレーション。

 

「美しさはパワー」と言い切るかのように、美しさにも知性にも生涯をかけて磨きをかける香港女性たち。 野心家で毅然とした強い眼差しの彼女達にぴったりの、最高にラグジュアリーなハンドバッグの誕生でした

 

JUN