香港STYLE Vol.70 ドラマチックはさりげなく (2019.05.05)

香港からこんにちは

イースター (キリスト教復活祭) の休暇も終わり、また通常の毎日に戻った香港。

香港経済の心臓部 Central (中環) にある The Landmark (置地廣場) のアトリウムが、イースターをお祝いする春らしいフラワーアレンジメントから突如、ターミネーター のような近未来に早変わりしていました。(今シーズンのディオール・オムです)

シュワちゃんにしてはちょっと妖艶ポーズな『I’ll be back』

 

さて、香港に住む人は必ずお世話になる香港の地下鉄、通称MTR (Mass Transit Railway / 港鐵)。

1日の利用客数が500万人近くの、香港最大の鉄道路線システムです。

 

2〜3分おきにどんどん来るMTRに遅れが出ることはまずなく、あまり知られていませんが、サービスの良さは日本の鉄道網以上。 余計なことはしない代わりに、とにかく駅も車両も路線もシステムも、シンプルで使いやすい。

正確、速い、分かりやすい、という、乗り物で一番大事な3拍子が揃った香港市民の足なのです。

 

ロンドンの地下鉄、通称『TUBE』にも路線の作り方が似ているのは、イギリスが宗主国だった名残り。 初めてでもどんな国の人でも分かりやすく、使いやすいように設計されているのは、さすがです。 

 

そんなMTRに乗ると、駅構内や車内で時に、これぞ香港!的な、表現の激しさが際立つ、直球かつドラマチックかつ優しさのかけらもない、ブラックでちょっぴり笑える広告に出会ったりします。

日本ではまずお目にかかれないだけでなく、きっと発想にすらもない、そんなものを今回はご紹介

 

例えば、こんな。。。

 

あっ危ないっ!

エスカレーターの下り、ショッピングバッグと、まさかの人間が、バランスを崩して転げ落ちて行く先には一人のおじさまが。。。

 

これ実は、香港の地下鉄MTR が利用者へ、『エスカレーターに乗る時は、手すりを持ちましょう』という注意喚起のポスターなのですが、どうでしょう、それだけのことなのに、なんともドラマチックでリアルなことこの上ない、この描写 

 

真に迫ったおじさまの恐怖の表情といい、トマトや玉ねぎ、ガーリックまでがふっ飛び、落ちる方は落ちる方で、手だけで焦りを表現。 見る方の想像に任せて、さらに恐怖心を煽るこの描写。。。

シェイクスピア俳優も顔負けの、劇場型メッセージ。 ってこれ、絵なのですが

この後2人がどうなったかは、ご想像にお任せします、という、ブラック感満載さ😈

 

日本でならきっと、エスカレーターの手すりを持って素直に立つ、可愛い絵柄のキャラクターか何かで優し〜く表現するに違いない『エスカレーターでは手すりを持って』メッセージ。

香港では、このホラーの形相と共に、はいどうぞ

 

または、これ。

『お酒を飲みすぎて気分が悪い場合は、エスカレーターではなく、リフト (エレベーター) を利用しましょう』のメッセージ。

酔い潰れて床に座り込むお兄ちゃんが、妙にリアルだ。

でもこのお兄ちゃん、エレベーターを使っても、結局エレベーター内でこんな状態になってるに違いないから、そもそも論で注意喚起はそこじゃないような。。。  まいっか

 

そして、香港MTR同シリーズの、極め付けはこちら。

『大きな荷物や子供の乗ったバギーを持って地下鉄構内を利用する際は、エスカレーターではなくリフト (エレベーター) を使いましょうね』という親切なメッセージのはずが。。。

 

誰も絶対この先を想像したくない、ほら、こうなりたくないでしょ的、完全に脅しに入ってるホラーメッセージ

 

とまぁ、『ここは香港 急ぐ気持ちはよく分かる。無茶しちゃあかんよ 気をつけて』のドラマチックなリマインダーがさりげなく、MTR駅構内のあちこちにあるわけなのです

 

そして、『MTR ザ・気をつけてシリーズ』とはまた別、MTR車両内で目にして思わずギョッとした極め付けが、こちらの2点。

 

たかだか虫除けスプレーに、バイオハザードマークを使って脅す、超ブラックなハイセンス☣️ 最高です。

 

そして、、、

 

駆除を意味する漢字『驅』を文字って、なんかリアルさ10倍増しになっているではないか。。。

虫恐怖症の恐怖心を煽るような、広告としては、もう完璧な仕上がり

 

という、やっぱり何をするにも、いちいちさりげなくドラマチックな香港なのでした!

 

JUN

 

 

 

香港STYLE Vol.69 あんなこんなの香港スタイル (2019.04.27)

香港からこんにちは

香港のような、アジアだけどアジアでない、アジアでないけどアジア、、、な街に暮らしていますと、まぁ日常的にいろいろ発見があるわけなのです。

 

例えばこれ、

わぉ!  『HARVARD』なんて、まぁ大変教育熱心な香港らしいネーミングだこと。  絶対に名前負けしない自信と実績を誇る、HARVARD大学合格率100%の家庭教師派遣サービスなのねぇ、きっと、、、と思ってよく見たら、、、

 

増髪植毛サロンだった

 

増髪植毛とHARVARDを真面目に結び付けるこのセンス。 結構香港スタイル

 

 

さてさて、日本の食材といえば、香港では高級品。 生鮮食品、特に果物は贅沢品で、近隣アジア諸国からの輸入果物と比べても、高級ブランド品のように、パッケージからして豪華 お値段数倍増しで売られています。

 

苺の『あまおう』をショッピングカートの一番上に見えるように起き、さっさと会計すればいいのに無意味にスーパーの中を歩き回り、「見て見て、あまおう買っちゃうオレ」モードに入ってるお兄ちゃん。。。

丹精込めて丁寧に作られた日本食材の質の良さを前に、香港男子も ”違いの分かる男“ になるのです。 フッフッフッ

 

と思ってよく見たら、、、

 

『おまうあ』

 

お兄ちゃん、それ、違うから、、、と、心の中で教えてあげつつ、カートを押しながら何も言わずにすれ違う、冷酷な私 

中身はさておき、パッケージに日本語がそれらしく書いてあれば高く売れると、日本や日本食への憧れが強い香港人の足元を思いっきり見る、ぼったくり業者。 香港あるある香港スタイル

 

 

スーパーマーケットに行くたび、ある場所の圧巻の眺めに、いつもそこに立ち尽くしてしまう、私の中の「勝手に香港絶景100選」上位入り確定しているのが、、、

毎日空輸、きれいに並べられた活きのいいお刺身コーナーでも、霜降り高級和牛コーナーでも、「白い恋人」だって置いてある日本のお菓子コーナー、でもなく、、、

 

ここ

 

トイレットペーパーコーナー🧻

 

身長を超える高さまで整然と積み上げられた、トイレットペーパーの、文字通り、山。

置いてあるこの量の多さは理解できます。 必ず売れるものだから。  だってみんな使うものだしね

 

問題は、その種類。

お財布に優しい格安トイレットペーパーから、お財布には優しくないがきっとお尻には優しい超高級トイレットペーパーまで、ゆうに数十種類。

そもそも、トイレットペーパーにそんなにチョイスがあって嬉しいもの?!という素朴な疑問が、当然起こるわけですが、きっと隠された香港人のルーツがそこに、そう、トイレットペーパーにあるのかもしれないと思うと、毎度そこに立ち尽くして感慨にふけってしまう、スーパーでのひと時なのです。

 

どう見ても、パッケージが違うだけで中身は同じにしか私には見えない、香港トイレットペーパーの違いを解明すべく、1パック12ロールも入ったトイレットペーパーをせっせと手当たり次第使い比べてみるも、やっぱりよく分からんのですわ

諦めてなるものか、ここまで値段が違うということは、やはり何かが違うに違いないわけで、その違いが分かってこそ違いの分かる大人。。。  混乱してきたではないか

 

トイレットペーパーにも 、”違いの分かる男“ が求められるのかもしれません。 男はつらいよ香港スタイル

 

ストレスフルな競争社会、香港。 時は金なり、これ常識。 1秒を制する者は1億ドルを制す、かのように、喋る のも食べるのも歩くのも、急ぎます、いそぎます、とにかくイソギマス

 

信号待ちだって、同じ。 ルールは一応守りますが、どんないかなる時も、、、という信念を持たないのが信念であり、せっかち、かつ要領のいい香港人、というジョークが、これ

 

日本人、おりこうさんです。 誰も見ていなくても信号はきちんと守ります

中国人、さすがです。 誰が見ていようがいまいが信号は無視します。 って褒めてる場合じゃありませんが

 

そこへくると香港人、解釈の要領良すぎます

黄色は、もし止まれなかったら周りをよく見て注意しながら進みましょう、、、ではなく、止まれても止まるな、とにかく急げ!であり、また、赤信号は、ポリスが見てないか 、見てなければ無視してオッケー

 

いやいや、臨機応変力と呼んでくれ、という声が聞こえてきそうですが、まぁ、じゃあそういうことにしておきましょう。 これぞ上級香港スタイル

 

毎日が突っ込みどころ満載。

この適当さが香港であり、世渡り上手な香港人との付き合いであり、根本的な彼らのこのマインドが、ビジネスのセンスに長けた香港という唯一無二の街を作っているのは、ほぼ間違いなさそうです

 

JUN

 

香港STYLE Vol.68 知を生み出すための知 (2019.04.20)

香港からこんにちは

人としての魅力は様々にあると思いますが、振り幅の大きさをその人から感じるとき、国籍やジェンダーは関係なく、エレガントだなと私は思います。 

最初から、それはダメと決めつけることや、自分の価値基準が全てと思う奢り、異なる価値観や考えの拒絶、一つのロールモデルを押し付けること、無言の同調圧力、問題の根本的対峙からの逃げ、、、などが横行する、個に対して未熟な社会は、人や創造の流れを止め、社会の繁栄は望めないでしょう。 それが日本でないことを、日々祈っていた矢先。。。

先日話題にもなりましたね、上野千鶴子氏の東京大学入学式での祝辞。

大学入学式というハレの日の祝辞の多くが、上辺の綺麗ごとを並べただけの当たり障りのないものになりがちな中、氏の率直なスピーチは、私には何百倍何千倍も心に響き、泣きそうになったくらいでした。

国立大学という中では、大学同士や学内での派閥ももちろんあるでしょう。 また、かつては (今もですが) 別名、霞ヶ関官僚養成大学と揶揄されるほどの東大ですから、政界や大企業の中枢権力とのパイプも強く、複雑な持ちつ持たれつや後ろ盾が横行する教授会の都合もあるでしょう。

そんな中、新学生に送る祝辞としては、建前に徹すること、そして建前に徹することのできる祝辞の人選や内容が慣例だったかもしれません。

多方面で影響力のある教授が揃う東大の入学式。 ある意味、メディアにも注目されるあの場で、保身に走ることなく、真摯に学生を思い、日本の未来を思いスピーチをした氏と、それを述べさせる大学のあり方に私は敬意を表すると共に、逆に言えばそれだけ、ガラパコス化した日本の危機的現状の表れでもあると思っています。

女性やLGBTの活躍の場を無意識に奪う社会のジェンダー差別、今日本が最も必要としている多様性と国際性への対応力、弱者が弱者のまま尊重され尊厳を保てる社会の寛容さ、選ばれし恵まれし者として周囲への感謝と理解そして社会への還元、特権性の無意味さ、正解のない広い世界を前に『知を生み出すための知』を身につけることの大切さ、、、など、大変深いメッセージを学生に投げかけた上野千鶴子氏。

ー引用ー

『あなた達の頑張りを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。

恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれない人々を貶めるためにではなく、そういう人々を助けるために使ってください。』

ー引用終了ー

そして、こうも続けられました。

ー引用ー

『未知を求めて、よその世界にも飛び出してください。 異文化を怖れる必要はありません。 人間が生きているところでなら、どこでも生きていけます。 

あなた方には、東大ブランドがまったく通用しない世界でも、どんな環境でも、どんな世界でも、たとえ難民になってでも、生きていける知を身につけてもらいたい。

大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身に付けることだと、わたしは確信しています。』

ー引用終了ー

 

私は、東大とは縁のない人生でしたが、もし、自分が若い東大生としてあの場にいたら、また卒業生OGなどとして氏の祝辞を聞いていたら、思わず泣いてしまったかもしれません。  

入学式という人生の岐路の早い時期にあのようなエールを贈られたことはきっと、学生達の人生の指標となり、財産となることでしょう。

と同時に、このような名スピーチができる社会や大学が、今の日本に確実に育っていることに勇気付けられ、氏がこれまで辿ってこられた道の険しさにも思いを馳せるのです。

世界大学ランキングでも常にトップの イギリス Oxbridge (Oxford University  と Cambridge University を同時に言う場合の略) や、理数医学系 の最高峰 London Imperial College などイギリスの大学は、優秀であればあるほど、氏の主旨とするようなことは言わずもがな、、、というところも、実はあります。

大学 も教授 も学生も、そして社会も、ノブレスオブリージュの精神は、息をするのと同じような感覚で浸透していますし、その辺がやはりイギリスは成熟社会であり、まぁここ最近、一部の国会議員が世界中にイギリスの恥さらしをしているとしか思えない、 議会のBREXIT 騒動はありますが、それでも、長い時間軸で追及する学問や知といったイギリス社会の成熟した価値観は、アジアでは香港よりどこよりも、日本が最もヨーロッパ社会に近い成熟した精神性と民族的素質を本来持っているのでは、、、という気が、両方をくまなく見ている私はしています。

 

氏の祝辞で最後の部分、『大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身に付けることではなく、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身に付けること』

この一文に、氏が言わんとしていることが凝縮されているような気がします。

そして、東大生だけでなく、日本の大学生、次世代を担う若者への真摯なメッセージが込められていると思うのです。

 

日本と日本の若者に幸あれ、と香港から願わずにはいられません

JUN

 

香港STYLE Vol.65 バッグとジュエリーのおしゃれな関係 (2019.03.30)

香港からこんにちは コンクリートジャングルの近代都市、というイメージの強い香港。 海と中国本土との国境に挟まれた香港は、拡大し続ける貿易のため港の規模は常に拡張、増え続ける人口を収容するために多くの建物が高層化、その高さ…

記事を開く

香港STYLE Vol.62 揺らめきのオーラ (2019.03.09)

香港からこんにちは 香港の春は、心浮き立つ元気なイースターカラー🧡💛💚 クラッシックで品のある、こんな素敵なビタミンカラーは、たとえばメンデルスゾーンのシンフォニー4番「イ…

記事を開く

香港STYLE Vol.61 Editions de Parfums (2019.03.02)

香港からこんにちは   日常の心を豊かに満たす、自分だけの小さな幸せエッセンス。 皆さまは、どんなものをお持ちですか?   たとえば、香り。 週末にゆったりとした気持ちで丁寧に淹れる、香ばし…

記事を開く