誕生石のお話

Star Sapphire 01

宝石は、見て美しいばかりでなく、何やら不思議なパワーもあるようですね。

誕生石とは、その方が生まれた月にちなんだ宝石で、身に着けると幸福を招くと言われています。

その起源は、旧約聖書の「出エジプト記」にあるユダヤ教の祭司の胸当てにはめ込まれたイスラエル十二の宝石にあるという説や、新約聖書の「ヨハネ黙示録」のエルサレムの城塞の十二の土台に飾られた宝石によるという説など、諸説あります。

現在の誕生石は
1912年にアメリカ宝石組合大会で統一され、
1937年にはイギリスの貴金属商組合が、イギリスの誕生石を選定、
1958年に日本の全国宝石商組合が日本の誕生石を定めました。

国により多少違いがあり、日本の誕生石は日本独自の国情や習慣が反映されてい
ます。例えば、3月には桃の節句があることから桃色のサンゴが、また、新緑の
5月には古来から日本人に好まれている緑色のヒスイが加えられています。

誕生石はその月に生まれた人の守護石でありパワーストーンですが、その月に力
が高まる石とも言われます。ですから、その月の宝石を身に着けて楽しむのもお
しゃれとパワーと「一石二鳥」になるかもしれませんね!

あなたの誕生石はご存知ですか?
これから何回かに分けて代表的な誕生石をご紹介したいと思います。
お楽しみに。

迎春

初日の出 01

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

エルサイトウは本日4日から元気に営業いたしております。

おかげさまで、今年は創業104年目を迎えます。

お客様お一人お一人に感謝して、さらにたゆまぬ努力を重ねてまいります。今年
もエルサイトウをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

1月は、メガネの特別ご優待「新春プラチナセール」開催中です。
皆さまのご来店をお待ちいたしております。

お猿さん 02

エルサイトウの「早朝ミーティング」

今年もあと4日となりました。

エルサイトウは、年内は12月29日(火)まで営業いたします。新年は、1月
4日(月)から通常営業で皆様のご来店をお待ちしております。

本日(28日)スタッフ全員で、今年最後の「早朝ミーティング」をいたしまし
た。今年一年間を振り返り、来年へ向けての新しい展開について話し合いました。

今年は、創業103年記念のイベントを開催いたしましたが、あらためて如何に
たくさんの素晴らしいお客様に支えられているのかを知ることが出来ました。

メガネも、コンタクトも、補聴器も、ジュエリーも、お客様の喜んでくださる笑
顔をたくさんたくさん拝見することが出来ました。

エルサイトウを思ってのお叱りも、私たちにとっては宝物です。

新しい年は、さらに努力を積み重ねていきたいと、スタッフ一人一人が決意を新
たにいたしました。

☆知識を深め技術を磨き、お客様に安心してお任せいただけるスタッフになりたい!

☆確実な品質をご提供し、お客様に喜んでいただきたい!

☆ご来店いただくお客様に、いつも最高のおもてなしを!

今年も大変お世話になりました。来年もまた、ぜひご来店くださいませ。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

Entrance 01

クリスマス・プディング

クリスマス・プディング

クリスマスが終わって、エルサイトウの店内はお正月のディスプレイに変わりま した。もう~い~くつねると~、お~しょ~おがつ~(^^♪ 日本では12月24日でクリスマスは終わりですが、外国では、実はその翌日か らが本当のクリ…

記事を開く

Merry Christmas!

今日は12月24日、クリスマス・イブです。外国では、遠く離れている家族が年に一度クリスマスの日には集まって一緒に過ごす習慣があるようです。日本のお正月もそうですね。 クリスマス・イブは何故か、映画「ホームアローン」のワン…

記事を開く

もうすぐクリスマス!

あちこちから聞こえてくるクリスマスのメロディーに、なぜか心がうきうきいたします。 クリスマスのデコレーションやイルミネーションは、家族や大切な人を想う温かい輝きがありますね。 エルサイトウの店内も、クリスマスの楽しくてや…

記事を開く

Impression of Emerald

緑色の石、エメラルドのお話です。 エメラルドが宝石として利用され始めたのは、紀元前2千年とも3千年とも言われます。遥か昔から人々はエメラルドの美しさに心を奪われてきたのですね。絶世の美女と謳われたエジプトの女王クレオパト…

記事を開く

秋はゴージャス!

秋はゴージャス!

今日から11月です。エルサイトウのカレンダーも、11月と12月の最後の一枚になりました。あっという間に一年が過ぎていきますね。 山の紅葉はそろそろ終わりでしょうか。 素人写真ですが、ゴージャスな秋の色をお楽しみください。

記事を開く