10月の誕生石 オパール

Opal-02

10月生まれの方の誕生石はオパールです。

名前の由来は「宝の石」を意味するサンスクリット語から来ています。

石言葉は「希望」「忍耐」「歓喜」

オパールの魅力は、見る角度によって次々と美しい表情が現れることです。さまざまな色を閉じ込めたかのような虹色の輝きが、独特の美しい光のゆらめきとなって「プレー・オブ・カラー(遊色効果)」を生みます。

オパールの美しい色合いを、古代ローマの博物学者プリニウスは「ルビーとエメラルドとアメジストの色が驚くべき鮮やかさで混ざり合っている」と表現しました。

日本では明治時代に、おしゃれな鹿鳴館の貴婦人たちをいち早く虜にし、以来、日本の女性のオパール好きは続いているようです。

オパールには次のような種類があります。

☆ ホワイト・オパール・・・地色が白、乳白色。日本でお馴染みのタイプです。

☆ ブラック・オパール・・・地色がグレー、黒色。オーストラリアで19世紀後半に発見されました。

☆ ファイアー・オパール・・・赤、黄、オレンジ色。メキシコオパールとも呼ばれます。

☆ ウォーター・オパール・・・地色が青系統のメキシコオパール。

☆ ボルダー・オパール・・・鉄鉱石の母岩の中に帯状に付着していますが、オパール部分が薄いため母岩と一緒にカットします。

☆ コモン・オパール・・・遊色効果が無い不透明なものです。ピンク、グリーン、ブルー。

オパールの「遊色効果」とは?

1960年になって、オパールが実は小さな球状の粒子(珪酸)の集合体であり、遊色を示すのは、粒の揃った球状粒子が規則正しく並んで詰まっているからだということが判明しました。光が当たると、粒子のサイズが小さい場合は紫、中間が緑、大きな場合は赤というように、虹色の遊色として現れるのです。

独特の「遊色効果」で変化に富んだ色調を見せてくれるオパールは、見つめているだけで夢の世界に誘われるような気がします。

Opal-01

9月の誕生石 サファイア

9月生まれの方の誕生石はサファイアです。

Velvet-Blue-Sapphire

サファイアもルビー同様、極めて古い時代から人々に愛されてきた宝石の一つです。

石言葉は「誠実」「慈愛」

名前の由来は「青」を意味するラテン語からきています。

古代ペルシャの神話では、大地はサファイアでできており、空はサファイアの色が反射して青いと信じられていました。

「出エジプト記」で有名な「モーゼの十戒」は、サファイアの石板に刻まれていたという伝説もあり、旧約聖書の中では、サファイアは神と密接な繋がりを持つものとして描かれています。

中世のキリスト教社会では、神に近い石として聖職者の冠やリングに用いられ、やがて大粒のブルーサファイアは、時の為政者たちの権力の象徴として競って求められるようになりました。

ロシアのロマノフ王朝は、史上最大級といわれる260.37カラットのサファイアのブローチを手にし、イギリス王室も、正式な王冠に18の大粒サファイアをはめ込み、フランスのルイ王家の王冠には、132カラットの大粒サファイアが飾られました。

ブルーサファイアの中で最高の色とされているのは「幻のサファイア」といわれる「カシミールサファイア」です。1881年頃にヒマラヤの北西(インドとパキスタンの国境)に位置するカシミール地方、標高4000mのところで発見されましたが、現在ではまったく産出されていません。

カシミールサファイアの美しさは、若干白みがかった何ともいえない柔らかなブルーにあります。その青は「コーンフラワーブルー」「ベルベティブルー」と呼ばれます。

サファイアは実は、とてもカラーバリエーションに富んだ宝石なのです。属する鉱物はルビーと同じ「コランダム」。

赤色は「ルビー」、青色は「サファイア」、それ以外は「ファンシーカラーサファイア」と呼ばれています。ファンシーカラーサファイアには、パパラチア(蓮の花の意)、ピンクサファイア、オレンジサファイア、イエローサファイア、グリーンサファイア、バイオレットサファイア、パープルサファイアなどがあります。

カボションカットしたサファイアの中にはスター効果を示すものがありますが、「スター・サファイア」と呼ばれ、古来から「幸運の石」とされてきました。

Star Sapphire 01

イギリスのダイアナ妃は、ブルーサファイアがとても似合う美しい方でした。彼女のリングを受け継いだウイリアム王子の奥様キャサリン妃も、ロイヤルブルーがお似合いになる素敵な女性ですね。

Kashmir Sapphire 01

8月の誕生石 ペリドット

Peridot

8月生まれの方の誕生石はペリドットです。

ペリドットの語源はラテン語の「オリーブ」で、実際にオリーブの実に近い緑で産出します。

紀元前2世紀に栄えたエジプト・プトレマイオス朝の歴代の王たちが、好んで王冠に配するなど、ペリドットは有史以前の古代エジプト時代から愛された宝石です。

石言葉は「夫婦の幸福」「夫婦の愛」「恐怖心の除去」

古くから熱狂を沈める、心を平安に保つ石と信じられてきたことから「夫婦仲を良好にする石」とされてきました。太陽の宝石ともいわれ、繁栄のシンボル、悪魔除けの力もあるとされています。

無機宝石の中では珍しく、ペリドットは粘りのあるオイリーな光沢を持ちます。太陽光の下では薄い黄緑色に発色し、夜の蝋燭を使った照明の下では深い緑色に見えることから、「イブニング・エメラルド」という異名を持ちます。宮廷文化華やかな時代のヨーロッパ貴婦人たちは、ステップカットを施した大ぶりなペリドットを使ったジュエリーを数多く誂えています。

カラーバリエーションは淡い黄緑色~濃い草緑色。最高の色は清々しい青リンゴのような黄緑色です。

主な産出国は、ミャンマー、スリランカ、ブラジル、ケニアなど。

古代エジプトの王様たちは、太陽神をこの宝石にイメージしたそうです。そう思って見ていると、力強い生命力がふつふつと湧いてくるような気がします。

Photographed from the GIA Collection for the CIBJO project from the Dr. Eduard J. Gubelin Collection. Collection # 30880, antique cushion cut peridot, 130.60 ct.

7月の誕生石 ルビー(紅玉)

7月の誕生石 ルビー(紅玉)

7月生まれの方の誕生石はルビーです。 ルビーは宝石の中でも、年齢を問わず愛用されている伝統ある宝石です。ルビーの語源は、ラテン語で赤を意味するRubeus(ルベウス)から。色はクロムの含有によります。 石言葉は「情熱」「…

記事を開く

6月の誕生石 真珠(パール)

6月の誕生石 真珠(パール)

6月生まれの方の誕生石は真珠です。 私たち日本人にとって最も親しみのある宝石と言えば、真珠ですね。冠婚葬祭の必需品として、たいていのレディーはお持ちのようです。 真珠の石言葉は「健康」「長寿」 真珠は鉱物ではなく、海と貝…

記事を開く

5月の誕生石 エメラルド

5月の誕生石 エメラルド

5月生まれの方の誕生石はエメラルド。和名は翠玉(すいぎょく)です。深緑の季節にふさわしい鮮やかな緑色の石は、不滅、信頼、清い心の象徴とされてきました。 エメラルドの石言葉は「幸福」「幸運]。名前の由来は「緑の石」を意味す…

記事を開く

4月の誕生石 ダイヤモンド

4月の誕生石 ダイヤモンド

4月生まれの方の誕生石はダイヤモンドです。 たぐい稀な美しさと輝き、何物にも傷つかない硬さ・・・ダイヤモンドは「宝石の王」として、圧倒的な存在感があります。 石言葉は「永遠の絆」「清浄無垢」 ダイヤモンドは炭素の結晶です…

記事を開く

3月の誕生石 珊瑚

3月の誕生石 珊瑚

3月生まれの方の誕生石はアクアマリンですが、もう一つ、日本では桃の節句にちなんで、珊瑚も3月の誕生石とされています。 珊瑚 サンゴ コーラル 赤やピンク色の柔らかな色合いが美しい珊瑚。サンゴは、温かく穏やかな海の中で微生…

記事を開く

3月の誕生石 アクアマリン

3月の誕生石 アクアマリン

3月生まれの方の誕生石は、アクアマリンです。 清らかで爽やかな海の水を思わせる透明な水色のアクアマリン。今からおよそ2000年前にローマ人によって名づけられ、その語源はラテン語で水を意味するアクア(Aqua)と海を意味す…

記事を開く