認定補聴器技能者は、例えて言えば熟練の大工さんです。

久喜補聴器センター エルサイトウには3名の認定補聴器技能者がおります。

この3名は、数年の現場経験を持ち、さらに4年をかけて、聞こえと補聴器に関する本格的な勉強を終え、大変難しい試験にストレートで合格した者たちです。

資格取得後の現在も、定期的に研修を受け、常に最新の情報と技術を習得するよう努めております。

yamamoto-mini

oono-mini

tuboi-mini

おかげさまで、認定補聴器技能者を頼ってエルサイトウにご相談に来られる方が徐々に増えて参りました。

認定補聴器技能者を例えて言うなら、「熟練したプロの大工さん」でしょうか。
大工さんは、お客様のどのような注文にも熟練の腕で応える「職人」です。

聞こえの状態はお一人おひとり違いますから、補聴器技能者は、お客様それぞれのご要望を受けて、習得した高度な技術でその方に最も合った補聴器に作り上げていきます。ですから認定補聴器技能者は、熟練の大工さんのような「職人」なのです。

聞こえが気になったら、どうぞいつでも安心してご相談ください。きちんと聴力を測定したうえで、あなた様に最も有益なサポートをさせていただきます。

すっきり乾燥、しっかり除菌!

昨今では、補聴器を賢く使ってご活躍を続けておられるシニアの方がとても増えてきたように思います。

補聴器は今や特別なものではなく、必要な方にとってはメガネやコンタクトと同じくらい日常生活の必需品です。

そこで今日は補聴器ご愛用の皆様に、補聴器備品のスグレものをご紹介させていただきます。

デジタル補聴器は特に湿気を嫌いますので、快適な聞こえと本体を長持ちさせるためにも「乾燥」はとても大切です。

一般的な方法としては、乾燥剤の入ったケースに補聴器を入れて一定時間置けば、ある程度乾燥させることが出来ます。使わない時間、就寝時などに行います。

ここでご紹介しております乾燥器は、電気仕様の優れものです。

DRY-GO%20UV

乾燥剤は不要で、コンセントを差し込んでスイッチを入れるだけ。およそ3~4時間くらいですっきり乾燥いたします。さらに良いことには除菌もやってくれるのです。(*^^)v

すっきり乾燥、しっかり除菌!

補聴器を湿気から守り、毎日清潔に気持ちよくお過ごしください。(*^_^*)

詳しくは当店スタッフまで。

私だけの補聴器ができるんですね!

P140_Alta2_miniRITE_94Terra

先日開催いたしました「補聴器まつり」は、予想を超えるたくさんの皆様にご来場いただきました。事前にご予約いただいた個別相談には、お一人の欠席もなく全員の方がお越しになりました。

「聞いて納得! 聞こえと補聴器を知るセミナー」は、会場に用意していたお席がほとんど満席になるほど、たくさんの方にご参加いただきました。

今回は、その中のお一人で、ちょっとご遠方からいらした方のお話です。

5~6年前から聞こえの変化を感じておられたのですが、どこへどう相談したらいいのか、わからなくて困っておられたそうです。たまたま、タウン紙と当店の補聴器祭りのチラシをご覧になって、ここならよさそうと思い、意を決してお越しになられたとのことでした。セミナーを聞いたらやはり個別相談をしたくなって、その日にお申し込みになりました。

丁寧な問診を行い、お貸出しの試聴用補聴器をその方の聞こえに合わせて細かく調整し、ご自宅で1週間ほどお試しいただくことになりました。

その方にとっては初めての補聴器体験でしたが、とてもスムーズで、「私だけの(私に合った)補聴器ができるんですね!」と喜んでくださいました。

補聴器は、ただ単に音を大きくする器具ではありません。聞こえには個人差がありますから、その方の聞きにくい周波数の音や音質までも調整して、最も自然な聞こえにすることが出来ます。

長年勉強して経験と実績を積んだ認定補聴器技能者が、お客様のご希望の聞こえを実現するために、心を込めてサポートさせていただきます。(*^_^*)

お帰り際に、「こんなに楽なら、もっと早く来ればよかった・・・」とも。

補聴器、初めてのご相談

久喜補聴器センター エルサイトウには、毎日、補聴器のお手入れ、調整、ご相談などのお客様がお見えになります。 その中には初めてご来店の方もいらっしゃいますが、ほとんどの方が最初はとても不安な表情をしておられます。 ご家族の…

記事を開く

「音がうるさい・・・」

初めて補聴器をお試しになった方が、最初によくおっしゃるのは、「音がうるさい・・・」です。 その音というのは、いわゆる生活音、雑音の類だと思われます。 聴力の低下によって、それまでベールがかかったような音(?)だったのでし…

記事を開く