香港STYLE Vol.72 イギリスより愛を込めて 2019.05.19)

香港からこんにちは

もう飽きたよこの展開。。。😑

と、遠く8000マイル離れた香港にまで、EU諸国の溜息が聞こえてきそうな、延期しまくりブレまくりのブレブレクジット『BREXIT』。

じゃあいっそのこと、香港返還みたいに99年後の離脱ってことにすれば?と皮肉りたくもなる、リメンバー大英帝国を夢見た『BREXIT』。

国技クリケット並みにあくびの出るほど時間かけといて、結局元サヤだったら笑える、いや笑えない、いや、やはり笑うしかない、散々掻き回した挙句トンズラ常習犯の大英帝国『BREXIT 』。

ですが、というか、こんなイギリスだからこそ、議論や言葉の応酬が面白い知的ゲームだと思ったのは、後にも先にも英国議会だけ。  皮肉が随所に散りばめられた言葉の知的キャッチボールは、英国のもう一つの国技と言ってもいいかもしれません。

的確な言葉を選び、裏の裏のさらに裏、、のそのまたさらに裏に含みを持たせて、時にやんわり、時にグサリと真意を伝えようとする知的ゲームを好む粋な英国流と、てやんでい俺様一番、分かりやすさ一番、自国が一番、のマッチョなアメリカ流とは、この2国が、本当に同じ言語を共有しているのかと信じ難いほどツボに違いがありすぎて、まぁこれもまたよし。

前回Vol71でチラリと載せたこの『What the British mean…』。 日本語に訳さんとちっとも分からん!とのご指摘を受けましたので、ではいってみましょ

太字が、イギリス人が言う「What the British say…」。

🇬🇧は、イギリス人が本当に意味する「What the British mean…」

🇺🇸はアメリカ人は考える、イギリス人の真意「What American think they mean…」

 

I hear what you say「君の言う事は充分聞くよ」

🇬🇧 I disagree and do not want to discuss it further「反対だし、この先もう話し合いたくもない」あっぱれ交渉決裂。

🇺🇸 He accepts my point of view 「私の意見を受け入れてくれた

 

With the greatest respect…「最上級の敬意を込めて…」 

🇬🇧 I think you are an idiot 「この間抜けが」

🇺🇸 He is listening to me 「私を理解してくれているのね!」

 

That’s not bad「まぁ、悪かないね」

🇬🇧 That’s good 「おぉ、いいねぇ」

🇺🇸 That’s poor 「全然ダメ」

 

That is a very brave proposal「それは大変勇敢な申し出だ」

🇬🇧 You are insane「頭おかしいんじゃない?」

🇺🇸 He thinks I have courage「度胸を褒められた!」

 

Quite good「とてもいいよ」

🇬🇧 A bit disappointing「がっかりだよ」

🇺🇸 Quite good「とてもいいね」

 

I would suggest…「こういうやり方もあるよ...」

🇬🇧 Do it or be prepared or justify yourself「お前やれ」

🇺🇸 Think about the idea but do what you like「よく考えて、好きなようにしていいよ」

 

Oh, incidentally/by the way「そうそう、ところでさぁ」

🇬🇧 The primary purpose of our discussion is…「さて、ここからが本題なんだけどね…」

🇺🇸 This is not very important「ついでにさぁ」

 

I was a bit disappointed that「ちょっとがっかりだね」

🇬🇧 I am annoyed that「超イライラするわ」

🇺🇸 It doesn’t really matter「全然大丈夫」

 

Very interesting「大変興味深いですね」

🇬🇧 This is clearly nonsense「なんのことだか全く意味不明」

🇺🇸 They are impressed「彼らは感動した」👏🏻👏🏻

 

I’ll bear it in mind「了解、覚えておくよ」

🇬🇧 I’ve forgotten it already「もう忘れた」

🇺🇸 They will probably do it「彼らはきっと覚えてるはず」

 

I’m sure it’s my fault「それは確かに私のせいです」

🇬🇧 It’s your fault「それはお前のせいだ」

🇺🇸 Why do they think it was their fault「え? 何で彼ら自分のせいだと思ってるの?」🤔

 

You must come for dinner「今度食事にいらしてね」

🇬🇧 It’s not an invitation I’m just being polite「招待なわけないじゃん。無礼にならないようにそう言っただけ」

🇺🇸 I will get an invitation soon「わーい招待された!」

 

I almost agree「概ね賛成」

🇬🇧 I don’t agree at all「全然反対」😑

🇺🇸 He’s not far from an agreement「よし、賛成からそう遠くはなさそうだ」

 

I only have a few minor comments「取るに足らない小さな指摘がいくつかあるだけです」

🇬🇧 Please re-write completely「はい、全部書き直し〜!」

🇺🇸 He has found a few typos「直しがいくつかあったのか」🧐

 

Could we consider some other options「他の選択肢も検討させて頂ける?」

🇬🇧 I don’t link your idea「君のアイデアはどれもお話にならない」

🇺🇸 They have not yet decided「まだどれにするか決めてないのね」🤷🏻‍♀️

 

You really are an arse, aren’t you「お前はほんっとにケ◯野郎だよ」(超スラング失礼!!)

🇬🇧 I think you’re a good guy「お前っていいヤツ!」

🇺🇸 He think’s I am an ass「◯ツ野郎だって。。。」🥺

 

Fancy a quick pint?「サクッと一杯どう?」

🇬🇧 Let’s get drunk「じゃんじゃん飲もうぜ」

🇺🇸 He wants one drink「一杯飲みたいのね」🍺

どれもこれも、どんなシチュエーションかによって多少のニュアンスの違いはありますが、まぁ概してイギリス流言葉のサーカスティックさに慣れていないと、真意がわからず一瞬戸惑うことがあるかもしれませんね。

香港スタイルというより英国スタイルでしたが、もうほとんどギャグになりつつあるBREXIT劇 は、このような一筋縄ではいかない愛すべき英国だからで、彼らは結構この過程すら楽しんでます

 

JUN

 

香港STYLE Vol.71 What the British means… (2019.05.12)

香港からこんにちは

 

 

 

 

 

 

アメリカのシンクタンク『ヘリテージ財団』と経済紙『ウォールストリート・ジャーナル』による、『経済自由度指数(Index of Economic Freedom)』で、25年連続世界1位の香港。

世界186の国と地域をカバーした評価の項目は多岐に渡り、Property Rights (財産権の確保)、Judical Effectiveness (司法の影響)、Government Integrity (政府の清廉性)、Tax Burden (税負担)、Government Spending (政府の支出)、Fiscal Health (財務の健全性)、Business Freedom (ビジネスの自由度)、Labor Freedom (労働の自由度)、Monetary Freedom (通貨の自由度)、Trade Freedom (貿易の自由度)、Investment Freedom (投資の自由度)、Financial Freedom (金融の自由度) という12項目が、スコアで算出されます。 

 

そんな自由経済度の高い香港には、世界中から多くの人が集まります。

そうすると、色々な価値観がこの狭い香港という場所にせめぎ合うわけで、すると、そこで自然と必要になってくるのが、ツールとしての英語とそれに対応できる教育。

もともとの地頭の良さに加え、フットワークの軽さと打たれ強さ、そして頭の回転の速さは確かにセンスのある人が多い香港人。

香港は伝統的に、子供を10代の若いうちから欧米の寄宿学校に送る傾向があり、また留学先のチョイスからもその家庭のソーシャルクラスがはっきり分かるというもの。

裕福かつ社会的地位の高い家庭の子弟はイギリスへ行く、というのがほとんどの場合で暗黙の了解になっています。 

 

 

アメリカ留学の難点はアメリカ英語、、、とはちょっぴり悪いジョークですが、これ実は香港では本当で、アッパークラスやエリート層は、圧倒的にイギリスで教育を受ける人が多く、イギリス的な価値観を身に付け、イギリスアクセントの英語を話す傾向にあります。

 

 

 

 

これから下に紹介するのは、まぁ細かいことはさておき、イギリス、アメリカともに、少なくともアルファベットは同じ英語という言語を操りながら、こうも双方の価値観が違うのかというジョークの代表例。

イギリス人が言うところの彼らの本当の意味と、それを聞いたアメリカ人がどう解釈するか。。。

彼らの痛いほどにポジティブなポイントのズレを、ジョークにしたものなのですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都的価値観にも通じる、一筋縄ではいかないイギリス英語

イギリス人にかかると何でもそうですが、もの凄く失礼なことを、失礼でないように言うのがイギリス流  

アメリカ的単純な解釈で言葉通りに受け取るとバカと思われますが、しかしそれすらおくびにも出さないのが、イギリス人。 (注: 嫌なヤツではありません。 プライドが高いだけです)

香港人にも何気に共通する部分があり、彼らがあらゆる業界で強いのは、英語をツールとしてだけでなく習得しているからなのかもしれません。

投資として情熱をかける香港人にとっての教育。リターンのないところには投資をしない彼らの生き方を見ていると、言語というのは、その言葉の背景に接して始めて習得していくものなのだと見せてくれるのです。

JUN 

 

 

香港STYLE Vol.70 ドラマチックはさりげなく (2019.05.05)

香港からこんにちは

イースター (キリスト教復活祭) の休暇も終わり、また通常の毎日に戻った香港。

香港経済の心臓部 Central (中環) にある The Landmark (置地廣場) のアトリウムが、イースターをお祝いする春らしいフラワーアレンジメントから突如、ターミネーター のような近未来に早変わりしていました。(今シーズンのディオール・オムです)

シュワちゃんにしてはちょっと妖艶ポーズな『I’ll be back』

 

さて、香港に住む人は必ずお世話になる香港の地下鉄、通称MTR (Mass Transit Railway / 港鐵)。

1日の利用客数が500万人近くの、香港最大の鉄道路線システムです。

 

2〜3分おきにどんどん来るMTRに遅れが出ることはまずなく、あまり知られていませんが、サービスの良さは日本の鉄道網以上。 余計なことはしない代わりに、とにかく駅も車両も路線もシステムも、シンプルで使いやすい。

正確、速い、分かりやすい、という、乗り物で一番大事な3拍子が揃った香港市民の足なのです。

 

ロンドンの地下鉄、通称『TUBE』にも路線の作り方が似ているのは、イギリスが宗主国だった名残り。 初めてでもどんな国の人でも分かりやすく、使いやすいように設計されているのは、さすがです。 

 

そんなMTRに乗ると、駅構内や車内で時に、これぞ香港!的な、表現の激しさが際立つ、直球かつドラマチックかつ優しさのかけらもない、ブラックでちょっぴり笑える広告に出会ったりします。

日本ではまずお目にかかれないだけでなく、きっと発想にすらもない、そんなものを今回はご紹介

 

例えば、こんな。。。

 

あっ危ないっ!

エスカレーターの下り、ショッピングバッグと、まさかの人間が、バランスを崩して転げ落ちて行く先には一人のおじさまが。。。

 

これ実は、香港の地下鉄MTR が利用者へ、『エスカレーターに乗る時は、手すりを持ちましょう』という注意喚起のポスターなのですが、どうでしょう、それだけのことなのに、なんともドラマチックでリアルなことこの上ない、この描写 

 

真に迫ったおじさまの恐怖の表情といい、トマトや玉ねぎ、ガーリックまでがふっ飛び、落ちる方は落ちる方で、手だけで焦りを表現。 見る方の想像に任せて、さらに恐怖心を煽るこの描写。。。

シェイクスピア俳優も顔負けの、劇場型メッセージ。 ってこれ、絵なのですが

この後2人がどうなったかは、ご想像にお任せします、という、ブラック感満載さ😈

 

日本でならきっと、エスカレーターの手すりを持って素直に立つ、可愛い絵柄のキャラクターか何かで優し〜く表現するに違いない『エスカレーターでは手すりを持って』メッセージ。

香港では、このホラーの形相と共に、はいどうぞ

 

または、これ。

『お酒を飲みすぎて気分が悪い場合は、エスカレーターではなく、リフト (エレベーター) を利用しましょう』のメッセージ。

酔い潰れて床に座り込むお兄ちゃんが、妙にリアルだ。

でもこのお兄ちゃん、エレベーターを使っても、結局エレベーター内でこんな状態になってるに違いないから、そもそも論で注意喚起はそこじゃないような。。。  まいっか

 

そして、香港MTR同シリーズの、極め付けはこちら。

『大きな荷物や子供の乗ったバギーを持って地下鉄構内を利用する際は、エスカレーターではなくリフト (エレベーター) を使いましょうね』という親切なメッセージのはずが。。。

 

誰も絶対この先を想像したくない、ほら、こうなりたくないでしょ的、完全に脅しに入ってるホラーメッセージ

 

とまぁ、『ここは香港 急ぐ気持ちはよく分かる。無茶しちゃあかんよ 気をつけて』のドラマチックなリマインダーがさりげなく、MTR駅構内のあちこちにあるわけなのです

 

そして、『MTR ザ・気をつけてシリーズ』とはまた別、MTR車両内で目にして思わずギョッとした極め付けが、こちらの2点。

 

たかだか虫除けスプレーに、バイオハザードマークを使って脅す、超ブラックなハイセンス☣️ 最高です。

 

そして、、、

 

駆除を意味する漢字『驅』を文字って、なんかリアルさ10倍増しになっているではないか。。。

虫恐怖症の恐怖心を煽るような、広告としては、もう完璧な仕上がり

 

という、やっぱり何をするにも、いちいちさりげなくドラマチックな香港なのでした!

 

JUN

 

 

 

香港STYLE Vol.65 バッグとジュエリーのおしゃれな関係 (2019.03.30)

香港からこんにちは コンクリートジャングルの近代都市、というイメージの強い香港。 海と中国本土との国境に挟まれた香港は、拡大し続ける貿易のため港の規模は常に拡張、増え続ける人口を収容するために多くの建物が高層化、その高さ…

記事を開く