どんな補聴器があるの?

補聴器の種類

耳穴タイプ、耳掛けタイプ、ポケットタイプなど、お一人おひとりのお耳にぴったりの補聴器を調整いたします。

ミニ耳かけ形

hearing_h_minihearing_e_mini

従来の耳かけ形よりも小さくお洒落な耳掛けタイプ。目立ちにくく、オープンフィットタイプなど、装用方法が選べます。

オープンフィット耳かけ形

hearing_h_openhearing_e_open

耳を密閉しない新しいタイプの耳掛け補聴器。音がこもらず、ご自身の声がすっきりと自然に聞こえ、まるで補聴器をつけていないかのような快適さがあります。チューブが細く、装用時に目立ちにくいのも特徴です。

耳かけ形

hearing_h_earhearing_e_ear

種類が豊富で広範囲の聴力レベルに適応。操作のしやすさも特徴です。多数のカラーケースを取り揃えていますので、補聴器を独自にアレンジすることができます。

ハイパワー耳かけ形

hearing2_h_hipowerhearing_e_hipower

ハイパワーの補聴器なので、高度や重度難聴の方にもご利用いただけます。さまざまな色のケースがありますので、多彩なアレンジも楽しめます。

耳あな形/CIC

hearing_h_cichearing_e_cic

耳穴にスッキリ収まる極小サイズなので外から見えにくく、また、より自然に聞こえるため、風切り音や装用時の違和感も軽減することができます。

耳あな形/カナル

hearing_h_kanaruhearing_e_kanaru

種類が豊富で、適応範囲も広い補聴器です。小さくあまり目立たず、安定感もありCICより操作がしやすいのも特徴です。

hotyouki_clip_image001聴力レベル30~50dBの軽度の方 hotyouki_clip_image002聴力レベル50~70dBの中度の方
hotyouki_clip_image003聴力レベル70~90dBの高度の方 hotyouki_clip_image004聴力レベル90dB以上の重度の方

色鮮やかなカラーバリエーション

hearing_h_color2

 

最新デジタル補聴器の特徴

hearing_h_new5マイクロホンに入った音声信号(アナログ)をそのまま増幅してイヤホンから出力するアナログ補聴器に対して、現在はデジタル補聴器が主流です。
マイクロホンに入る音声信号(アナログ)をいったんデジタル信号に変換し、増幅やその他の複雑な音声信号処理を行います。そしてふたたび音声信号(アナログ)に変換してイヤホンから出力します。
つまり、デジタル補聴器には、最新の高性能パソコンに匹敵する処理能力を持つマイクロチップが組み込まれており、高度で複雑な処理を瞬時に行うことができるので、より緻密で正確な調整ができるのです。

雑音を抑え、人の声がより聞き取りやすくなります。(騒音制御+語音強化システム)

hearing_h_new1これまでの補聴器の最大の問題点は雑音の多さにありました。聞きたい音を大きくすると、まわりの雑音も大きくなってしまい、うるさくて耳が疲れるという方も多かったようです。 しかし、現在のデジタル補聴器は、語音と雑音とを別々に処理し、雑音を最小限に抑えることができるので、とても静か。人の声がより聞き取りやくなりました。

 

操作が必要ないので、簡単です。(自動音量調整機能と電池アラーム)

hearing_h_new2使う方にとって、いつも快適な聞こえが得られるよう、まわりの環境に合わせてボリューム(音量)が自動で調整されます。デジタル補聴器の多くは、操作が不要な全自動タイプですので、はじめての方でも簡単にお使いいただけます。 また、電池の残量が少なくなってきたら、電池アラームでお知らせするので、突然の電池切れであわてる心配がなく安心です。

 

気になるピーピー音(ハウリング)を抑えます。(自動フィードバックマネージメント)

hearing_h_new3ピーピー音(ハウリング)は、レシーバーから出た音がマイクロホンに再度戻ってくることによって発生します。補聴器の形が耳に合っていなかったり、食事であごを動かして補聴器がずれた場合などに起こりやすくなります。 デジタル補聴器には、ハウリングの原因を自動的に抑える機能があり、不快なピーピー音を軽減してくれるので、いつでも快適です。

 

聞こえ具合の調整の柔軟性があります。(コンピューター・フィッティングによる調整)

hearing_h_new4補聴器を使う方の聴力や聞こえ方には個人差があるため、お使いになる環境や聞きたい音に合わせて補聴器を調整する必要があります。 デジタル補聴器は、コンピューターで調整を行うので、必要に応じて、音質や音量を細かく設定でき、小さな音から大きな音、低い音から高い音まで、一人ひとりが満足のいく聞こえを得られるのです。

 

おすすめお手入れ・便利グッズ

高性能補聴器乾燥機

汗と湿気は補聴器故障の原因になります。
旅行先でも乾電池で使え、素早い乾燥に加え、除菌・脱臭までできてしまうクイックエイドがおすすめです。

クイックエイドクイックエイド

リモコンで補聴器をもっと便利に

hearing_h_rimocon

テレビ・ラジオの音を聞きやすく
携帯電話を聞ききやすく
会議や集まり等でFMマイクから聞きやすく
もっといい音でもっと便利に。

※対応補聴器・リモコンにより機能が異なります

Pocket