クリスマス・プディング

エルサイトウの素敵な日々その他

クリスマスが終わって、エルサイトウの店内はお正月のディスプレイに変わりま
した。もう~い~くつねると~、お~しょ~おがつ~(^^♪

日本では12月24日でクリスマスは終わりですが、外国では、実はその翌日か
らが本当のクリスマスのお祝いなのだそうです。

24日のクリスマス・イブは前夜祭。良い子には、この日の真夜中にそっとサン
タさんが訪れます。

25日はクリスマスデー。朝起きたらクリスマスツリーの下にプレゼントが!!
その日一日はみんなで教会へ行って、家族が集まってごちそうをいただいて楽し
く過ごします。

26日はボクシングデー。格闘技のボクシングのことではありません。クリスマ
ス・プレゼントの入っていた箱(ボックス)を整理して処理する日のことです。

ざっとこのようなスケジュールなのですが、クリスマスのごちそうも、日本のお
正月のおせちと同じで、何日か続くようですね。

その代表的なものは、ターキー(七面鳥)とクリスマス・プディング。

アメリカの友だちによれば、ターキーはメインのディナーだけでは食べきれない
ので何日間か、ターキー・サンドウィッチ、ターキー・サラダ、ターキー・スー
プと続くのだそうです。もう最後のころには、ターキーのゲップ(失礼!)が出
るのだとか。

クリスマス・プディングは話に聞いたことはありましたが、どんなものか知りま
せんでした。先日あるホテルのチラシで発見しましたので、思い切ってオーダー
してみました。

それがこれです。

2015.12 Christmas Pudding

思ったより大きくどっしりとしております。

イチジク、レーズン、アップル、ベリー系などなど数種類のドライフルーツが練
りこんであり、それにナッツ類も入っていて、とても複雑でリッチなお味でした。
薄くカットして、コーヒーと一緒にいただくのがいいですね。

クリスマス・ディスプレイの後片付けが終わったご褒美に、エルサイトウのスタッ
フみんなでいただきました。

秋の収穫がたっぷり入ったクリスマス・プディングは、本当はホテルメイドでは
なくて、きっとそのお家の ”ママの味=おふくろの味” なのでしょう。

外国のクリスマスのお話でした。

タイトルとURLをコピーしました