香港STYLE Vol.40 オークションプレビューで出会う香港 (2018.10.06)

香港からこんにちは

 

10月に入り、爽やかな秋の晴天が続く香港

摩天楼の上層階が、時にすっぽり霧に覆われてしまうほどの高い湿度は、これから数ヶ月間はちょっとお休みです

先日の国慶節の祝日にヴィクトリア湾で打ち上げられた花火も、秋の夜空に降り注ぐ宝石の雫のように、煌びやかで幻想的なひとときでした。

 

香港は、歴史的な経緯、地理的な有利性という運を味方に、柔軟性、敏速性などグローバル時代にマッチした類い稀な対応力によって、世界中の人と人、物と物、利益と利益を繋ぐことでビジネスを生み出し、繁栄を遂げてきた街です。

 

そんな富の集まる香港で、長い歴史を持つのが美術品オークション。

これぞまさに、人と人、物と物、そして利益と利益を繋ぐ、イギリス発祥のビジネスです。

世界の美術品競売市場の9割がこの2社で占められていると言われる、世界最高峰の国際競売会社、クリスティーズとサザビーズ。

 

9月28日〜10月4日にかけて、香港クリスティーズであるオークションプレビューが行われました。

11月13日にスイスのジュネーブで行われる「Magnificent Jewels Geneva」のハイライトと、11月27日の香港で行われる「Magnificent Jewels Hong Kong」のプレビューです。

 

オークションシーズンは主に、春と秋。 

クリスティーズやサザビーズで取り扱われる商品は、ジュエリー、時計、絵画、美術品、家具、カーペット、ワイン、楽器や楽譜、住宅不動産などで、小さなオークションは世界各都市で通年行われています。

それぞれの分野のトップエンド、つまり芸術的にも資産的にも価値の高いものを集めた、重要なオークションが開催されるのが、春と秋なのです。

 

それらは必ずロンドン、ジュネーブ、香港、ニューヨークで行われ、毎回各分野で入札希望者達の華麗なる攻防が繰り広げられます。 

時に落札価格が世界最高記録を更新するなど、オークションの舞台裏は絶対的な秘密厳守の世界であり、大変魅力溢れる競売の世界なのです。

 

オークションハウスが、出品者と落札者、それぞれ双方から得る手数料は、落札額の25%ずつ。

そう、あるロットがもし1億円で落札されたら、オークションハウスには、落札額の計50%に当たる5千万円が入る手はずになっているのです。 

また、落札者が実際に支払う金額は、落札額に25%を上積みして、この場合は1億2千5百万円になります。 落札者は落札から1週間以内に、全金額を支払うことになっています。

 

という、オークションの着想や運営手法は、いかにもイギリス的と言えるでしょう。 それでも世界中に社交界、王族、実業家など富が存在し、コレクターが存在する限り、オークションハウスは不滅なのです。

 

また、信用第一のオークションハウス。 いかなる理由であっても、顧客の情報を警察に開示することは一切ないそうです。  重要なオークション会場で、必ず電話担当者がいるのも、入札者の身元を知られないため。

グローバルスタンダードでは、高額な入札品ほど、それを取り巻く入札希望者達の事前情報や詳細は決して外部に漏れませんし、落札後もメディアや公に落札者の名前が明かされる、又は明かすことはまずありません。

浮かれた落札者本人が目立ちたいという成金で、自ら名乗り出れば話は別ですが。。。 去年そういう人いましたね、日本に

 

さて、そんなクリスティーズ香港での「Magnificent Jewels Geneva and Hong Kong」プレビュー。  ジュネーブオークションのハイライト、18.96キャラットのピンクダイヤモンド「The Pink Legacy」も展示されました。

地球内部の高音高圧で圧縮された証の、彩度の強いピンク。 透き通る石を最大限に生かした、美しくバランスの良いカット。 ダイヤモンドならではの、清く、強く、凛とした輝き。 

何時間でも見ていたい、そんな美しさと高潔さと魅惑の輝きを持つピンクダイヤモンド。 今週末からは、ロンドンでのプレビューに行っているはずです。

 

他にも、1912年カルティエ社製のダイヤモンド・ティアラ。

 

アール・デコのエメラルド・カボションカットのブローチ兼ペンダントや、ヴァンクリーフ&アペル社製のダイヤモンドネックレスやブレスレット。

 

カルティエ社製のコロンビア産ドロップ型エメラルドイヤリング。

 

1922年カルティエ社製アール・デコの赤珊瑚とパールとダイヤモンドのブローチなどなど。

 

遥かな時を超えて輝き続けるジュエリー。

クリスティーズで出会った品格のジュエリーは、香港というこの街が辿ってきた奇跡と繁栄とも重なる、珠玉の幸運を持っているような気が、とてもするのです

 

JUN

 

Pocket