月別アーカイブ: 2019年2月

香港STYLE Vol.59 マルチタスクは世界を救う (2019.02.16)

香港からこんにちは

 

街中が賑やかで華やかに彩られる旧正月休みが終わり、すっかりまた賑やかで華やかで、そしていつものマルチタスキーな日常に戻っていった金融国、香港。 

 

香港では、タクシーの運ちゃんもダッシュボードの上に携帯を4、5台並べて、株のデイトレしながら運転、、、そんな光景はごくごく普通です。  (てか運ちゃん、ちゃんと前よく見てね。 あと、スっても暴走しないでね。 言ってくれればすぐ降りる)

 

一つの物事に拘りを持ち続けそれを極め続け、、、なーんて、コスト&タイムパフォーマンスのよろしくない『一つに全てを捧げる型人生』は時間がもったいない!とでも言うかのように、キャリア、資産、あらゆるリスクを数多く分散させ同時進行させる、マルチタスク・マインドが香港民には染み付いています

名付けて『世界中いつでもどこでも即移動可能型人生』

この時代、それは強みですよね

 

また香港は、ジェンダーベース・ディヴィジョン (Gender-based Division) が少ないことでは、アジアの中でもトップ。 

そして毎年アメリカのシンクタンク、ヘリテージ財団と、経済紙ウォールストリート・ジャーナルが発表する、2019年経済自由度指数 (Index of Economic Freedom) でも、香港が25年連続で世界一位。 

財産権の確保、司法の影響、政府の廉潔性、税負担、政府支出、財務の健全性、そしてビジネス、労働、通貨、貿易、投資、金融の自由度。 ほぼそれぞれの項目で、毎年ポイントを増やし続けています

 

これ実は、よく考えると凄いこと。 返還後は金融貿易ビジネスセンターとしての地位が上海に凌駕され、経済集約力を含めた香港の魅力が失われてしまうのではないかという、あの外野の騒動は全くの杞憂であった、と言えるのではないかと思います。 

 

香港のような国際金融センターというのは、国や政府がちょっとやそっと本腰を入れたからといって、そう簡単に出来上がるものではないですし、中国市場をメインに扱うエコノミストや経済専門の報道機関なども、やはり活動は上海ではなく香港なのも事実。

契約、正式合意、条約の協定など、中国マーケットの金融コンセンサスは、ほぼ香港で作られているといっても言い過ぎではないかもしれません。

 

『一帯一路』を半ば強引に押し進める、中央政府の右腕、兼頭脳集団、兼実行部隊のアジアインフラ投資銀行と共に中國建设銀行 (亞洲) (China Construction Bank Asia) による情報伝達、公式報道も、香港の自由度を中国が上手く利用し実現しているものと言えるのではないでしょうか。  

 

香港返還交渉で、結果的にあの英国に譲歩させるほど、強行かつ抜け目ない姿勢を貫いた中国の外交力には、今でも何か底知れぬものを感じますし、また、脈々と受け継がれる中国共産党の、言ってみれば秘密結社のような巨大ピラミッド型掟組織も、有形無形の威圧感といい、香港が常々実感として接しているもの。

 

ですが、香港民の強みである『世界中いつでもどこでも即移動可能型人生』の柱となる、マルチタスク・マインド、そして彼らの「拘らない大らかさと拙速さと図太さ」という素質がある限り、たとえ世界終末時計が30秒進んで零時まであと1分半となる世の中が来たとしても、その頃の香港はまたきっと「そんなのどこ吹く風〜」で、独自の道を見つけていると思うのです

 

心がパッと華やぎ富をもたらすパワーのある、彼らが大好きな、たとえばこんな赤い宝石と一緒に、

 

JUN

 

新しい「認定補聴器技能者証」が届きました。

 

久喜補聴器センターエルサイトウには、3名の認定補聴器技能者が常駐しております。

認定補聴器技能者の資格は約4年をかけて取得できる資格です(現在全国で3681名)が、一度取得しても、5年ごとに資格更新審査を受けなければなりません。

当店の補聴器技能者も昨年末に更新申請で適正と認められ、新しい認定補聴器技能者証とIDカードが届きましたので、ご報告いたします。

久喜市と周辺地区(白岡、幸手、加須、蓮田、宮代、杉戸) の認定補聴器技能者は5名で、そのうち3名がエルサイトウの技能者です。

「ちょっと聞き返すことが増えてきた」とか、「TVの音が大きくなってきた」などがありましたら、補聴器のことを知るチャンスです。ぜひ、お気軽にお出かけください。

 

試聴をご希望の場合は、初回は、カウンセリング、聴力測定(気導・骨導・語音明瞭度)、機種選定、店内試聴、音の調整等を行なうため、約1時半~2時間いただきますので、ご予約(0480-22-3110 水曜定休)をいただけるとスムーズです。

どうぞお気軽に、いつでも、私たち認定補聴器技能者にお任せください!

ご来店をお待ちしております

 

イエローナイフのオーロラ

ご覧ください!この見事なオーロラを

こちらは、当店のお客様 白岡市のK様が、お正月休みにお母様とイエローナイフにご旅行に行かれた時のお写真です。

K様がいかれた時は本当にタイミングよく(K様の日程の前と後の一週間はオーロラが見られなかったそうです)、とても強いオーロラが出たそうです。エメラルドグリーンの帯となって天空を覆い、光の帯がシルクのように柔らかく揺れている様子が伺えますね。

誰もが一生に一度は見てみたいオーロラ。お写真でも感動しちゃうのですから、極寒の中(現地の夜の気温は-25℃以上)で、実際にご覧になられたK様の感動は、言葉には言い尽くせないことと思います。

素晴らしいお写真をありがとうございました

 

 

補聴器定期お手入れ & 相談会のご案内

img_102

「認定補聴器専門店」久喜補聴器センター エルサイトウでは、毎月、「認定補聴器技能者」による補聴器定期お手入れ & 相談会を実施しています。

補聴器の調整・電池・クリーニングなど、お使いの補聴器について多くのご相談を承っております。ぜひご利用ください。

2月~4月の補聴器定期お手入れ & 相談会日程は以下の通りです。受付時間は、いずれも午前10時から午後6時までです。

2019年
 2/ 8(金)(定期お手入れ & 相談会)(終了しました。)
 2/17(日)(定期お手入れ & 相談会)
 2/23(土)(定期お手入れ & 相談会)

 3/ 1(金)(定期お手入れ & 相談会)
 3/17(日)(定期お手入れ & 相談会)
 3/23(土)(定期お手入れ & 相談会)

 4/ 5(金)(定期お手入れ & 相談会)
 4/21(日)(定期お手入れ & 相談会)
 4/27(土)(定期お手入れ & 相談会)

もちろん、この日以外でも「認定補聴器技能者」が社員として常駐しておりますので、いつでも大丈夫です。(水曜日定休)

なお、お客様のために当店がご用意しております無料試聴器台数は、現在35機種、87台です。機種、台数共に他にあまり例を見ない豊富さです。さらに、補聴器はお客様一人一人にきちんと合わせるため、試聴期間中にも何回かの調整が必要です。お貸出期限は限定しておりませんので、ご納得いかれるまでお試しいただけます。

補聴器のことでお迷いやご不明なことは、どうぞお気軽にお問合せください。(0480-22-3110)

補聴器もプロのお手入れを

専門医によるコンタクト定期検診

contact_c52月~4月のコンタクト検診日時のご案内です。ご自身の眼の健康と安全のために、ぜひ定期的にお受けください。

1978年(昭和53年)にコンタクトレンズの販売を開始した”草分け老舗専門店”として、お客様の安心と安全のために、無料で受診していただけるシステムです。

無料検診日時は、原則として毎月第1、第3土曜日の夕方と、奇数月・第4日曜日の午後です。ウェッブ上では少なくとも3ヶ月先のスケジュールまでご案内させていただいております。

 2月 2日(土) 5:00pm~6:30pm(終了しました。)
 2月16日(土) 5:00pm~6:30pm
 3月 2日(土) 5:00pm~6:30pm
 3月16日(土) 5:00pm~6:30pm
 3月24日(日) 3:00pm~5:00pm
 4月 6日(土) 5:00pm~6:30pm
 4月20日(土) 5:00pm~6:30pm

香港STYLE Vol.58 旧正月の舞獅 (2019.02.09)

香港からこんにちは

恭喜發財 (Gong Hei Fat Choi) !!

新年快樂 (San Nin Fai Lok) !!

 

豚年、明けましておめでとうございます🐷🧧🍊

 

今年は、2月5日に旧暦のお正月を迎えました。 旧正月は、香港でも一年で最も重要で盛大な中華圏のお祝い。

親戚、友人を訪ねて周る賑やかな旧正月の3日間を終え、香港のほとんどの企業や金融機関は、8日からビジネス再開。

さぁ今年もまた楽しくいい仕事をして、お金をたくさん儲けて参りましょう

 

さて、華やかな香港の旧正月を飾るのに欠かせないのが、ライオン・ダンス、

『舞獅』 (Mol Si)

 

英語圏にチャイナタウンが多いこともあり、広く「ライオン・ダンス (Lion Dance)」とも呼ばれてます。

かつてシルクロードを通って中国に運ばれたライオンは、中国文化では「強さ、英知、優越」のシンボル。

 

魔除けをし、幸運や富を招き入れる「招福駆邪」の旧正月ライオン・ダンス『舞獅』は、中国では西暦100年頃から行われてきたそうです。

その後、日本や台湾、マレーシア、シンガポール、ヴェトナムなどに伝わり、ライオンの容姿や内容は各国の民族性に合わせながら、それぞれ伝統芸能として広まり定着していったそうです。

日本のお正月でもおなじみの『獅子舞』は、中国のライオンダンス『舞獅』が元だってのですね。

 

ひと口に『舞獅』と言っても、国土が縦に横に広大な中国。

同じ中国国内でも民族性や地域性の違いは幅広く、例えば地方によっては方言以上に違いがある「殆ど外国語」状態ともなる中国語もそうですし、その地域による違いや個性は、ライオン・ダンス『舞獅』にもよく表れています。

香港スタイルの『舞獅』は、香港、澳門 (マカオ) を含む廣東省、海南省周辺、中国華南地區伝統のもの。 

例えば、北京など中国北部と香港の『舞獅』は何が違うかというと、まずライオンの華やかな色合い

 

縁起のいい赤、金、黄色はもちろん、オレンジ、ネオンイエロー、ネオンピンク、ネオングリーン、ネオンパープル、、、などなど。 とにかく、派手で強いけれど、明るくて温かい色の組み合わせを多様します。

 

そして忘れてならない、中華太鼓とシンバルのド派手でリズミカルな音

 

静寂は福を呼ばず。。。

これは、日常生活からしてまず間違いなく、香港人と香港の街に染み付いている「香港の常識」で、香港ライオン・ダンスの独特の音とリズムとこの勢いは、至極当然の成り行きでこのスタイルになったはず

そして、実際のライオンの動作を模倣している、と香港人は言いはる、要するに彼らが考えるところのライオン・ダンスのあの動き。

で、、、それが、カワユイ〜

 

何がって、その容姿、歩き方、口の開け方、表情、背伸びの仕方、語る背中、尻尾、、、動作の全てが

 

各商店の入り口にぶら下がった利是 (Lai Si。香港版お年玉) 付きのレタスを、、、

頑張って背伸びして取って、、、

 

 

むしゃむしゃむしゃ

 

そして、それを勢いよく吐き出して、福を撒き散らす、縁起のいいライオンくん。

 

利是 (Lai Si。香港版お年玉) の紅封筒も大好きで、、、

 

それに目がないライオンくんは、利是ゲットで、、、

お目目パチクリ瞬きして、どことなく嬉しそう

 

何とも愛嬌のある表情と動作でしょう?

大きな太鼓とシンバルの音、ノリのいいリズムとライオンの舞で縁起を担ぎ、今年一年の繁栄と招福を願う。

そして、利是を貰って福を撒いたら、フサフサの頭の毛と長い睫毛のつぶらな瞳でちゃーんとお辞儀をして、お礼を言ってから次に移ります。

 

香港人の、何をしても憎めない愛嬌ある気質そのものに私には見える、香港旧正月のライオン・ダンス『舞獅』。

 

私が、香港と香港人を愛してやまないもう一つの理由が、ここにもあります

 

JUN

香港STYLE Vol.57 春節の運気 (2019.02.02)

香港からこんにちは

 

今年もまた、この季節になりました

『春節』

 

 

 

今年の春節、旧正月の元旦は、2月5日です。 

 

香港では5日〜7日の3日間、中国本土では4日〜10日の1週間が、春節の祝祭日 (公休日) になります。 中国と香港では、同じお祝いでも、祝祭日扱いの日数が微妙に違うのですね。

香港では、イースター (キリストの復活祭) やクリスマス (キリストの生誕祭) も、バッチリ祝祭日になりますが、中国ではもちろん違います。

香港のいいところは、欧米と中国の祝祭日が両方採用されてるとこ、と冗談半分、でも本当に嬉しそうに言う、香港人の友人

これも、英国による植民地統治を経て中国に返還され、現在、香港が『一国二制度』都市であることの恩恵なのでしょう。

4月の清明節、6月の端午節、9月の中秋節、10月の国慶節などは、香港も中国も同時期にお祝いをしますが、公休扱いとなる日数には、少々違いがあります。

中国本土の祝祭日の多くが、数日〜1週間を超える大型連休となることが多いのに比べ、香港ではせいぜいが1〜2日のお休みのみ。

働き者なんだか、単に、立ち止まってられないせっかちな性分なんだかは不明ですが、いずれにせよ、お休みの日数はかわいいもんです

ついでに可愛かった、香港で大人気ケーキショップ「Ms B’s CAKERY」の春節デコレーション。 

 

 

 

 

 

 

今年の干支のイノシシ、、じゃなくて、ブタちゃん🐷に混じって、なぜかアヒルとフクロウが結構な存在感 それもまたよし

 

一年で最も香港の街が華やかに彩られ、香港の人達にとって大きなお祝い事なのが『春節』。

新たな新年のスタートを迎えるために、年の瀬には大掃除をして家の中をピッカピカにし、新しいものや、縁起のいいもの、色鮮やかな花などを飾ります

 

そして、新年には縁起のいい言葉を皆で言い合って、家族、親戚、友人と賑やかに一年のスタートを過ごす、それが 香港の春節スタイルです

 

春節は、旧暦で元旦の3日前から始まります。

年廿八 (ニン ヤァー バァ) : 今年は2月2日。 大掃除の日。 掃除なくして強運は訪れませぬ 世界共通ですね!

年三十 (ニン サム サップ) : 大晦日。今年は 2月4日。 この日の夜は、家族と一緒に魚料理と甘いスープに白玉団子を入れた「湯丸」が定番なのだそう。 

 

 

初一 (チョー ヤイッ) : 旧暦の元旦。 今年は2月5日。 新年を迎え、親戚や親しい友人などの挨拶回りをする日。 食事を一緒にしながら、麻雀をして過ごすのも香港の伝統。香港の娯楽、映画館で映画を楽しむ人も多いそうです。

 

 

初二 (チョイ イー) : 今年は2月6日。 香港のラッキースポット,沙田 (シャー ティン) のお寺「車公廟」(チェー ゴンミュウ) で、飾り車を買って幸運を呼び込むと良い日、だそう。

 

 

初三 (チョイ サム) : 今年は2月7日。 この日は「赤口」(チェッ ハウ) と呼ばれ、実は喧嘩をしやすい日なのだとか 

お正月も3日目となり、親戚一族、友人知人が入れ替わり立ち代わり訪れれば、まぁタフな香港人と言えども疲れも溜まる頃

よって、この日はお寺の参拝は控えた方が良いとされ、その代わり、大埔 (タイポー) にある「林村許願樹」(願が叶う木) にお願い事をしに行く人もいるのだそう。

 

初七 (チョーツァッ) : 今年は2月11日。この日は、人類の (?) の誕生日、と香港では (たぶん香港だけ。。) 言われている日。 香港では、旧正月元旦に鶏、2日目に犬、そして7日目に人が作られたという伝説 (?) があるそうで (ますます怪しい。。)、この日は「人日」と言われています。 みんなの誕生日、ってことですね!

 

 

元宵 (ユン シュウ) : 今年は2月19日に当たる「元宵節」。 この日は、春節の締め。 と同時に、中国のバレンタインデーでもあるんです。  ロマンチックな香港の夜景をバックに、ランタンを見ながら宵を過ごすカップルで賑わうそう

 

 

お正月といっても、ところ変われば。 また日本とは違った楽しみがあるのが、香港の旧正月、春節。

 

 

ライオンダンスの大胆で軽快な音とリズムと色彩で、幸運に感謝し更なる運を呼び込み、ワイワイ賑やかに過ごす彼らの生命力と胃袋のパワーに圧倒されながらも、彼らといると今年はもっといいことがありそうな、いい流れを作っていけそうな気になる、そんな素敵な香港の旧正月

 

 

Happy Lunar New Year

JUN