タグ別アーカイブ: HSBC本社ビル

香港STYLE Vol.30 風水⓵ それは射程内 (2018.07.28)

香港からこんにちは

 

何かをする時に人からどう思われるかなんていちいち気にしない、肝の据わった香港人。

好き嫌いや思ったことはすぐ顔に出し、大らかで我が強く、お金が大好き という、基本的に単純明快で、人情味に溢れた人達でもあります。 

 

そんな、仕事も喜怒哀楽もいちいち忙しい香港人の人生で、無くてはならないもの。 それが、、、

風水 (フォン シュェイ)

 

風水は古代中国の伝統思想の一つで、「気」の流れ (龍脈) から、土地や日時の吉凶を占うものです。

香港は、街全体が風水と言ってもいいくらい、日々の生活で風水思想を重んじる風潮が強く、結婚や出産、引越し、通院から日々の運動に至るまで、あらゆる行動に適した日取りや、場合によっては時間を、風水によって決める習慣があります。

 

例えば、出産。 風水師がベストな日時を分単位まで鑑定して決める出産は、もちろん帝王切開。

香港の富裕層の出産はこのタイプが多く、信頼する風水師の指南により、出産日時を早々に押さえるのだそう

「こういうことは早く決まっていると、他の予定がどんどん立てられるから、結局効率がいいの」と、事もなげにサラリと言う、現役金融キャリアの友人マダム。 さすが香港人、彼女も人生を優位にオーガナイズしていくツワモノでした

 

 

大地における気の流れを重視するのも風水思想の大きな柱。 

龍脈の流れが阻害されず、運ばれてきた「気」が溜まり場になっているような土地に、都市や住宅を建造すること。 それによってその地方や一家に優秀な人材が輩出され、結果、冨にも恵まれると考えられているそうです。

 

香港市内には、マンションからオフィスビル、空港、スタジアム、橋やトンネルに至るまで、その配置や設計、内装など、多くが風水に基づいてデザインされ、街中に点在しています。

例えば、セントラル (中環) にある、香港上海銀行本社ビル (香港上海滙豐銀行總行大廈 / Hong Kong and Shanghai Banking Corporation Headquarters)

通称、HSBC。

 

建物外壁に鉄パイプが大胆にデザインされたハイテク建築のHSBC本社ビルは、地上階が吹き抜けになっており、その地面は山側に向かって上るように、ごく緩やかに角度が付いています。

それは、九龍半島からヴィクトリア・ピークに向かって流れる「龍脈」を遮らないようにするための吹き抜けであり、ピークへ昇る「気」の勢いを止めないための地面の角度なのだそうです。

 

 

設計を担当したイギリスの建築家ノーマン・フォスター氏 (Sir Norman Foster) と、ロンドンに本社を置く建築の総合エンジニアリング&コンサルタント会社、アラップ社 (Ove Arup & Partners) は、HSBC新本社ビルを設計する際に、風水師の指南を仰ぐよう施主の香港上海銀行側から指示を受けたそうです。

 

HSBCのシンボル、正面に鎮座する2頭のライオン銅像の設置場所も、風水によって決められていきました。

 

建物外壁の三角の柱、計8ヶ所 (写真下。 一つを赤で印) が 、当初下向きに設計されていたところ、風水師の指摘により全て上向きに修正するなど、風水の理由により複数回に渡り大幅な設計変更を余儀なくされたこともあったそう。

 

又、HSBC本社ビル屋上には現在、窓拭き用のゴンドラが設置されていますが、そのゴンドラを吊るす鉄骨の柱 (赤矢印) が、実は「大砲」に見立てて設置されたという、知る人ぞ知る香港風水裏話もあります

 

HSBC新本社ビルが1985年に完成後、1990年にはお隣に中国銀行タワー (中銀大廈 / Bank of China Tower) が完成しましたが、このタワーのデザインでもある鋭角部分が、HSBCビルに向いており不吉であるとして、これに対抗するためにゴンドラを吊るす鉄骨を「大砲」に見立て、あとから増設。 しかも、それらをわざわざ中国銀行タワーに向けて設置したという

 

それはそれで美しいデザインの、中国銀行タワー (BOC)

 

HSBCの大砲 (赤丸) をバッチリ向けられた、中国銀行タワー (BOC)

 

やられっぱなしはあり得ない、運気を下げる可能性には徹底対抗という、金融に対しても風水に対しても意気込みをヒシヒシと感じるこのHSBCの香港魂、、、というか、香港スタイルであることは確かかもしれません

建築物の向きや方角、形に対しても風水を非常に気にする香港らしい話ですよね。

 

風水というと、どちらかといえば非科学的なもの。 でも案外、環境学的にも地理学的にも理にかなっているのは、街全体が風水を重んじる香港の繁栄が、それを証明しているような気もします

 

JUN