タグ別アーカイブ: 文化

香港STYLE Vol.12 香港大學 (2018.03.24)

春。 日本では卒業と入学の季節ですね

故郷を離れ、新しい土地で大学生活を始める方もいらっしゃるでしょう。 感謝と出発、新緑と桜、花粉とアレグラ。。。  大学生活が有意義なものになりますように

香港の学校や大学は、欧米と同じ9月が新年度スタートですので3月はまだ学年の半ば。  ですがさてこちら、何でしょうか?

香港の最高学府、香港大學 (ホンコンタイホッ) の校章です。

 

The University of Hong Kong

 

1887年創立の香港で最古の大学で、通称 HKU。 世界大学ランキング The Times Higher Education で毎年アジア圏で首位をキープし、特に医学、理工学、法学分野は世界的に高い評価を得ています。

 

香港大學には現在、58ヶ国からの常勤教員と、106ヶ国あまりの学生が在籍し、大変国際色が豊か。

この世界大学ランキングですが、毎年発表されるもので「国際競争力ランキング」と置き換えてもいいかもしれません。

ランキングの重要な指標の中に「国際性」と「論文の引用」がありますが、アジア圏で他の大学がこれに苦戦する中、香港の大学はここでも評価が高く多くのポイントを稼ぎます。

 

学部の講義、セミナー、ワークショップ等は全て英語。 英語で会議をし、議論をし、論文を書き、そしてその論文はすぐにグローバルネットワークに乗る。 そして時間差なく世界中の専門機関の目に入る。

その数が多ければ多いほど、すなわち、分母が大きければ大きいほど国際競争力は強くなるわけですね。

 

また近年、中国大陸トップクラスの学生達が、かつて進学していた北京大学や欧米の大学を蹴って、香港大學を選んでいるのも興味深いところです。

香港大學は香港市民の税金によって運営されているため、中国大陸からの学生数は制限されています。 全10学部で合計300人ほどしか取らない中国大陸学生枠に、毎年20,000人を超える応募が来るそうです。

猛烈な競争を勝ち抜いて入って来る学生達の中には、中国共通大学入試で各省最高得点を修めた者に与えられる「狀元」(ジョンユン) のタイトルを持つ、秀才中の秀才達もいます

 

このような優秀な学生が集まることによって、結果として世界中から優秀な教員と学生を香港に惹きつけ、大学のアカデミックレベルがさらに上がり、ますます人材が集まり経済も発展する、という好循環を生み出しているのです。

 

英国統治下時代、イギリス植民地政府は香港の安定した社会を築く為に頭脳流出を防ぐことが不可欠とした政策を実施し、優秀な人材の確保に成功。 その結果、競争力の高いグローバル都市香港の地位が出来上がったと言っても過言ではないでしょう。

 

香港島中心部 Mid-Levels West と呼ばれる山の中腹、半山區 (ブンサンコュ) から 薄扶林 (ボッフーラム) にかけて、メインキャンパスを有する香港大學。

ヴィクトリア湾から西の海に向かって大きく開けた高台に位置し、そこから見るシティビューは壮観。 前に海、後ろに山という地形の変化にも富み、風水の視点からも香港大學は最高の立地と言われています。

 

またキャンパスは、これが香港市民の税金で運営されている公立の大学かと思うほど、立派な建物と近代的で多数の設備を有しています。 その多くが、香港の富豪や資産家らの寄付によって建てられたもの。

 

香港最大の企業グループ、長江實業集團の会長引退を先日発表したばかりの大富豪、李嘉誠 (Li Ka-Shing) は、香港大學の医学部「香港大學李嘉誠醫學院」や理学部に、自身や亡き夫人 莊月明 (Chong Yuet Ming) の名前を冠した建物などを多数寄付。

 

香港のメディア王、邵逸夫 (Run Run Shaw) は、文学部に数百もの研究室や講義室、自習室を有するRun Run Shawタワーを。

また、香港マカオの実業家、何鴻燊 (Stanley Ho) は、Stanley Hoスポーツスタジアムや屋内スポーツ施設、学生寮など、香港大學の多くの施設が資産家の寄贈によるもの。 キャンパス内はまさに、香港の名士録そのものなのです。

 

香港には「金は天下の周りもの」、そしてそれが自分に回ってきたら社会に返すという社会貢献の意識が、市民の中に脈々と受け継がれています。

このようなところにも、香港華人社会がなぜ発展し続けるのか、なぜ国際競争力、影響力が強いのかといった理由がうっすら見えてくるような気がします。

 

香港大學のキャンパスには、聡明で堅実で賢く、ひたむきに勉学へ打ち込み、真剣に将来をフォーカスする彼ら学生の本来あるべき姿があります。

 

これは香港大學の学生だけでなく、香港人の若者の多くに共通していると常々感じていることですが「国際人」になることに関しては筋金入りの彼らの鋭い視点と上昇思考、そしてこの街の「華やかでいて堅実」という大人社会のあり方は、これからも間違いなく香港を発展させ続けるでしょう。

 

そんなことを、キャンパスの中を歩きながらふと思ったりした3月の夕暮れでした

 

 

JUN

香港STYLE Vol.4 ビル建設、香港流 (2018.01.27)

香港といえば、近代的な超高層オフィスビル (現在最も高いビルで118階) や、高層住宅の多くが60階以上という摩天楼が有名ですよね

 

 

そんな街 香港ならではの名物が、建築現場にあります。

 

建築現場❓❓❓

 

ここでピンと来られた方は、かなりの香港通です

 

 

 

ジャン

 

そう、これ。 ビル建築現場の、竹の足場です。

広東語で、搭棚 (ダ パン)。

ビルの外壁に張り巡らされたこの足場、ぜ〜んぶ竹です。

 

アジアの重要な投資拠点でもある香港は、いつも街のあちこちで建築工事が行われています。

経済の躍動感が日々街中に溢れているのですが、その建築現場を支える足場は、例外なく竹

鉄パイプや鉄板で組むのではなく、昔からどんな高いビルでも竹を使います。

地上からはるか上まで外壁をぐるりと覆い尽くす竹の足場は、何度見ても圧巻

 

ビルの外壁に米粒のように張り付いて見えるのが、搭棚を組み立てる熟練の職人さん達。 足場を作っているところです。

 

ひょいひょいと移動しながら、息のあったチームワークで技術と経験と判断力を頼りに、あの高さまで竹を組み立てていきます。 その速さ、正確さ、手際の良さ。

お見事という言葉がぴったり

 

また街を歩いていると、竹を運搬するトラックや道路脇に竹が積み上げられた光景にもよく遭遇します。

まさに神業の搭棚技術とは裏腹に、こういうどうでもいいところはかな〜り大雑把 ⬆️ 、というこれも、香港スタイル

 

 

高層ビル建築現場の巨大クレーンと、竹。

なんだかとてもアンバランスな組み合わせに感じますが、香港ならではのこの手法、重機を多用する現代でも実はとても理にかなったものなんです。

 

竹は軽く、運搬、組み立て、解体がラクでスピーディ。

また、高温多湿の香港では鉄は錆びやすいのに対し、竹はむしろ湿度に強い。 繊維があるので柔軟で折れずにしなり、ある意味安全です。

網の目のように組み立てられ、どこかが壊れても周囲のバランスにほとんど影響がないそう。 衝撃を分散して受けるので、見た目よりもかなり丈夫なんだそうです。

 

竹を縛り固定するのは現在はナイロン製の黒い紐ですが、昔は竹の皮だったそうです。

結び方も昔からある搭棚独特の技術が継承されていて、こんな細い紐で大丈夫なのかしら?と一瞬不安になりそうですが、決して緩まないのだとか。

昔からの技術には素晴らしいものがたくさんあるんですね

 

 

余談になりますが、今月1月11日、香港島セントラル (中環) のプリンスビル (太子大厦) に、香港最大級のエルメスブティックがリニューアルオープンしました

特徴的な格子状の外観は、デザインを担当した建築家 ドゥニ・モンテル が、香港の建築現場で見られるまさにあの竹の足場、搭棚から着想を得たそうです。

外観こそ本物の竹ではありませんが、店内の階段や仕切りなどは、随所に明るい色調の竹が使用されています

 

 

おもちゃ箱をひっくり返したようなカオスと秩序、東洋と西洋、伝統と合理性。

一見相反するものを見事に融合させる街、香港。 それが、褪せることのないこの街の魅力ですね

 

JUN

香港STYLE Vol.3 ローカルレストラン 茶餐廳 (2018.01.20)

香港の人達が大好きなこと。 それはまぎれもなく、外食=美味しいものを食べること、です

食は、彼らの人生のプライオリティ (優先事項)。
普段はせっかちな香港人が美味しいものを食べるためなら、時に待つことも厭いません。

1日24時間を最大限に使うエネルギッシュな香港人。 夜更かしは平気のへっちゃらお手のものですが、彼ら、朝も実に早いんです

 

そんなバイタリティあふれる香港人に、昔も今も変わらず愛されているのが、茶餐廳 (チャーツァンテン)。

 

香港ではどこのエリアにも必ずある、香港スタイルの喫茶風レストランのことです。

中華レストランや飲茶レストランとはまた違った、香港の空気全てが詰まっているような、香港人にとって胃袋の故郷のようなところです

世界中に散らばる華僑が、ふるさと香港の何が恋しいかと聞かれた時、よく筆頭に上がるのが茶餐廳。 それくらい味も雰囲気もサービスも、正真正銘の香港人が愛する、ザッツ香港 🇭🇰

 

早朝から深夜まで開店しているので、朝食夜食はもちろん軽食などのお茶もできます。 メニューは中華から香港風洋食など多彩で、メインがひと皿HK$40〜50 (¥630くらい) とお値段もリーズナブル 

 

たとえば。。。

セロリと鶏肉のオイスター風味とろみソース炒めがご飯に乗った 西芹鷄肉飯 (サイカンガイヨッファン) と、優しい甘みとコクがくせになる、香港式アイスミルクティ 凍奶茶 (ドンライチャ)。

 

 

ふわふわ〜の薄揚げ豆腐と中華野菜、菜心 (チョイサム) のコンビネーションがヘルシーな 紅燒豆腐飯 (ホンシウダイフファン)。

 

 

茶餐廳といえば人気不動の定番メニュー、香港式フレンチトースト西多士 (サイドウシ)。 こんな軽食もアレンジ上手な香港人の手にかかると、本当に美味しくなります

ピーナツバターをパンの間に挟んで軽く揚げてあるのが香港スタイル。 お値段もHK$20〜25 (¥300くらい) で、ちょっと休憩という時にもオススメの絶品フレンチトーストです

 

 

そして香港といえば、お粥。 日本のお粥はあっさりですが、香港粥は具だくさんで、トッピングが豊富  ダシのたっぷり入ったスープと一緒に煮込むので、旨みのある深い味が楽しめます。 惚れ込むこと請け合いです 

あまりかき混ぜずにレンゲでそっとすくいながら、フウフウしながら食べるのが香港スタイル。 

どのお店で食べても外れがないのが、アヒルの卵を熟成させたピータンと薄切り豚肉の 皮蛋瘦肉粥 (ペイダンサウヨッジョ)。 お値段はHK$30 (¥430くらい) 前後で、身体も温まりお腹いっぱい大満足。 口福な香港朝食の定番です

 

大げさなサービスはないけれど、最高に美味しいごはん。それが香港スタイルのおもてなしです

 

香港を訪れたらぜひ一度はオススメ、ちょっぴりレトロで美味な茶餐廳。 香港というダイナミックな街を支える名脇役です

 

JUN

香港STYLE Vol.2 香港ローカルショッピング (2018.01.13)

皆様、あけましておめでとうございます。 今年もより佳き一年になりますように。

幸せパワーの街、香港からお祈りしております

さて、香港を訪れる楽しみのひとつといえば、ショッピングですよね。
実は、地元の香港人もショッピングは大好き
好きを通り越して、並々ならぬ情熱があるかもしれません

たとえば、香港人の胃袋と健康と美容を支える、海産乾物屋さん。

海に囲まれた香港は、こんな海産の乾物屋さんが街のあちこちにあります。

籠や大瓶に入れられた、高級品のアワビやフカヒレ、ナマコ、カキ、海洋性コラーゲンをたっぷり含んだ魚の皮や鱗など、あらゆる海産の乾物が豪快に量り売りされていきます。

そしてまた、それらを豪快に買っていく香港人のお客さん達。

中華料理のだしは、貝柱の乾物を使うことが多いそうです。  海産の乾物は中華料理の基本なんですね。

中には、このオリジナルは一体何かしらと首をかしげるような乾物もあったりして、クイズ感覚で楽しませてくれます。

店内に所狭しと積み上げられた乾物は、歩行者専用道路の店先までグイグイ迫り出し、その活気でお店の周辺まで賑やかになります

お買い物した乾物を袋にいっぱい詰めて、ちゃっかりディスカウントもしてもらって、「唔該!(ンーゴイ)」 ありがとね〜!と笑顔でお店を後にする香港の人たち。

この街の幸せパワーの原動力は、こんな何気ない日常から生まれるのかもしれませんね

 

JUN