タグ別アーカイブ: ヴィクトリアピーク

香港STYLE Vol.22 ヴィクトリア・ピークから⓸ 秘密の花園編 (2018.06.02)

香港からこんにちは

意外な組み合わせや、正反対のものが隣り合わせに存在し、即興的に私達を楽しませてくれる街、香港。

ヴィクトリア・ピークのモーニング・トレイル (Morning Trail/晨運徑) では、緑豊かな大自然から一転、目の前に現れるヴィクトリア・ハーバーのアーバンビューを楽しませてくれました

 

さてウォーキングを楽しんだら、ちょっと休憩 モーニング・トレイル出発地点の横にあった、レンガ造りのレストラン、太平山餐廳 (The Peak Lookout) で一休みもおススメです。

シーフードやグリル料理が大人気のこのレストランは、過ごしやすい気温になる11月頃からはテラス席がおススメ。 朝早くピークに登って、ウォーキングの後いただくブレックファーストも格別です

でもピークの楽しみは、これだけではないんですよ。 ご紹介したモーニング・トレイルの他に、実は、地元の人達も知る人ぞ知るという、秘密の花園があるんです

この場所こそ、ヴィクトリア・ピークを訪れる醍醐味と言ってもいいくらい、本当に素晴らしい空間なのですが、ほとんど知られていないのが、またいいところ。

 

ヴィクトリア・ピーク・ガーデン

(Victoria Peak Garden/山頂花園)

 

モーニングトレイルの出発地点ハーレック・ロード (赤) と、終点ルガード・ロード (青) との間に、マウント・オースティン・ロード (Mount Austin Road/柯士甸山道) (黒) という邸宅街があります。

右手にThe Mount Austin という高級マンションの外壁を横目に進み、右に折れたところで見えるのが、マウント・オースティン・プレイグランド (Mount Austin Playground/柯士甸山遊樂場)。

The Mount Austin の住人や周辺マンションに住む家族がよく使う、静かで贅沢な空間。 たった数百メートル下のピーク・タワー周辺の喧騒がまるで嘘のようです。

 

お天気のいい日は、芝生の上で休日を楽しむファミリーや、年配の御夫婦が仲良くお散歩をするなど、マウント・オースティン・ロード・レジデンスの憩いの場となっています

でもまだここは、本当の秘密の花園ではないんですよ。

さらにマウント・オースティン・ロードを左方向に進んで行きますが、この辺りから少しずつ道幅は狭くなってきます。

 

 

それでも道の両側にはピークの高級マンションが点在するなど、とびきりラグジュアリーな雰囲気

そんなマウント・オースティン・ロードを歩くこと約20分。 たどり着いた先に見えてくるのが、ヴィクトリア・ピーク・ガーデンの、ゲート・ロッジ (守缳室) です。

白にライトブルーの窓枠が小粋なデザインは、なぜかとってもイギリス風

ここで「あっ」と思われた方、そうなんです

現在ヴィクトリア・ピーク・ガーデンとなっているこの場所こそまさに、ヴィクトリア・ピークの歴史の始まり。 香港総督の別荘、マウンテン・ロッジ (Mountain Lodge/香港總督山頂別望) があった場所だったのです。

第6代香港総督 サー・リチャード・グレイブズ・マクドネル (Sir Richard Graves McDonnell/麥當奴) が、この場所に避暑用の別荘を建てたことから、上流階級の間でピークに住むことが一種のステイタスとなり、ピークトラムも開通したました。

そう、ピークの全ては、ここから始まったのですね

 

残念ながら総督の別荘は、太平洋戦争中、香港の戦いで損傷を受け、1946年に解体。

現在、かつての別荘があった名残りは、公園入口のゲート・ロッジ (守缳室) のみですが、敷地内に足を踏み入れると、そこに広がる風景は不思議とイギリスの空気🇬🇧

 

ゲートから建物をつなぐランドスケープデザイン、このような秘密の花園を彷彿とさせる庭園デザインは、イギリスの邸宅にはよくあるスタイルです。

 

 

アジアの熱帯雨林であろうとアフリカのサバンナであろうと、自国イギリスのライフスタイルをそのまま移動させることにかけては、筋金入りのイギリス人

 

ガーデンの中をゆっくり歩いて行くと、こんな美しいイギリス式庭園にも出会います。

 

そして、いよいよ総督の別荘が建っていたという高台へ。

 

ヴィクトリア・ピークで一般の人が行けるのはここが最も高い場所になります。

ここで出会うのは、東洋の神秘と謳われる裏香港の美しい景色。

 

 

澄み切った空の下、聞こえてくるのは鳥のさえずりと、葉が風に揺れる音だけ。 目を閉じると、南シナ海から流れてくるそよ風が、身体の中に染み込んでいくようです。

何もせず、何も考えず、頭の中を空っぽにし、ただ自然の空気に身を任せる贅沢な時間

 

そして、裏香港のサンセットを見ながらの帰り道。 空の色が徐々に変化し、遠くの島がその空気にふんわりと包まれていくようです。

 

最後に、昼間の摩天楼から夜の摩天楼へ大変身した香港。  もう何も言葉はいりませんね。

 

美しい景色の数々を見ながら、香港が歩んできた激動の歴史に想いを馳せ、それでも力強く前進し続けるこの街には、やはり力強い龍脈が流れている、そんな気がします

JUN

香港STYLE Vol.21 ヴィクトリア・ピークから⓷ モーニングトレイル編 (2018.05.26)

香港からこんにちは

風水では、中国大陸から龍脈が流れ込むと言われる太平山のヴィクトリア・ピーク。

素晴らしい眺望が有名な観光地ですが、実は地元の人達にとっては、富貴吉祥、生命力の強い特別な場所でもあるのです。

そこに佇むだけで癒される、満たされる、元気になれる。 そんな不思議なパワーを持つピークで、必ず毎週末のひと時を過ごすという香港人の友人もいます。

週末の早朝、太平山の森林浴を楽しみながら、清々しい1日をピークからスタートするのもおススメ。

街がカラーダイヤモンドのような輝きに変化していく日没後の夜景に合わせて、夕方から登るのもおススメです。

 

ピークに到着してまず目に飛び込んでくるのが、一度見たら忘れないユニークな建築デザインの、ピーク・タワー (The Peak Tower/山頂凌霄閣)。

360度の眺望が楽しめる展望台「スカイ・テラス428」、飲茶をはじめ各国料理のレストラン、個性的なお土産屋さんなど、さまざまな施設が揃っています。

海外からのツアー観光客はヴィクトリア・ピークに登ると、このピーク・タワーや向かいにあるピーク・ギャレリアで、展望台に行ったりショッピングをしたりして過ごします。

 

もちろん、展望台からの眺望も素晴らしいのですが、観光客にはあまり知られていない、素敵なピーク散策に行ってみませんか?

 

実はヴィクトリア・ピークには、モーニング・トレイル (Morning Trail/晨運徑) という、全長2.8kmのウォーキングコースがあります

太平山の山頂周辺を約1時間で一周できる高低差のないルートで、地元の人達がよく、朝のジョギングやウォーキングをしているのを見かけます

 

ピーク・タワーに向かって左手にある、レストラン太平山餐廳 (The Peak Lookout) のすぐ横の道がモーニング・トレイルのスタート地点。

 

このウォーキングコースの道の名前は、途中までがハーレック・ロード (Harlech Road/夏力道)、途中からルガード・ロード (Lugard Road/盧吉道) という道になります。

時計回り or 反時計回り、どちらから行っても一周できるのですが、私のオススメはハーレック・ロード (赤) → ルガード・ロード (青) と進む時計回りルート

なぜ時計周りルートがおススメなのって? うふふ、それはルートの後半になると分かりますよ

 

それではスタート〜

歩き始めて数百メートルほど進むと、ヴィクトリア・ピーク誕生の様子を知ることができる、ルガード滝 (Lugard Fall/盧吉飛瀑) が右手に見えてきます。

この岩盤、すごいでしょう? まさに映画ジュラシック・パークを彷彿とさせる世界

香港島の地盤はジュラ紀に形成されていったものだそうで、もともと非常に強固。 ヴィクトリア・ピークは主に凝灰岩という岩盤でできており、約1億9千万年前に起きた火山の大噴火によりピークが誕生し、地殻変動を繰り返して現在の形となったことを、ルガード滝は物語っているんですね。

超近代都市のすぐ後ろにこんな地球のドラマがあったなんて、なんだかワクワクしませんか?

 

さらに歩みを進めるとそこで出逢えるのは、力強くも優しい香港の自然の息吹。

キラキラと木々の間から降り注ぐ木漏れ日と、時折流れてくるそよ風。 聞こえるのは、鳥のさえずりと蝉の鳴き声だけ。

ヴィクトリア・ピークの後ろにはこんなに豊かな自然が広がっているんです

まるで極上エメラルドのような濃い緑色と、柔らかな景色。  心までがゆっくりと深呼吸するようです

 

このモーニングトレイルには、途中1カ所だけ分岐点があります。

あづま屋のある休憩エリアで、ここで、これまで歩いてきたハーレック・ロードから右手のルガード・ロード (青矢印方向) に入ります。

コース途中にもこのように表示が出ていますので、初心者でもまず迷うことはありません

 

ルートの途中には、所々ベンチが置かれたこんなビューポイントもあり、裏香港の自然をゆっくり楽しめます。

 

また、お髭のような長〜い枝が、コースに覆いかぶさるように何重にもぶら下がった、こんな大木も

 

ウォーキングをしながら、目に入るのは木々の緑と青い空、そして遠くの海。  それだけ。

でも、それさえあればそれ以上はいらない。 そんな風に思わせてれる、ヴィクトリア・ピーク

 

モーニングトレイルも終盤に近付いた頃、突然緑の壁が途切れ視界が開ける場所に出ます。

 

そう、ヴィクトリア・ハーバーの絶景が姿を現すのです

景色の現れ方も、唐突でドラマチック。 そんなところまで、香港は香港だなぁ、、、なんて思ったり

そして、この絶景を見るために、この感動を得るために、きっと今まで歩いてきたのだなぁと気付かされます

 

ハーバーを挟んで建つ摩天楼から、中国大陸につながっていく九龍半島。 遠く向こうまで見渡せる、視界を遮るもののない大パノラマ。

特に夕暮れ時のハーバーの美しさは格別です。

ずーっとこの風景を見ていたい、そんな圧倒的な魅力とパワーのある景色です。

 

途中で眺望を楽しみながら、ゆっくり歩いても約90分。再びピーク・タワーが見えてきたら、モーニングトレイルも終わりに近付きます。

 

 

モーニングトレイル

この場所でいくつもの景色に出会うたびに、ヴィクトリア・ピークの龍脈の存在を確信させる、何かがあるような気がします。

 

次回は、夕暮れのピークからの風景をご紹介しますね。 どうぞお楽しみに!

JUN

香港STYLE Vol.20 ヴィクトリア・ピークから⓶ 登り方編 (2018.05.19)

香港からこんにちは

香港島と九龍半島の摩天楼、ヴィクトリア・ハーバーの絶景を楽しめる観光名所、

ヴィクトリア・ピーク (山頂)

 

いつ訪れても、何度訪れても感動と開放感を味わえる、私も大好きな場所です。

ヴィクトリア・ピークは、生粋の香港人にとっても実は特別な場所。 それはここが、風水で「龍の起点」と言われているからです。

街そのものが世界最強の風水スポットと言われる香港。 その中でもさらに、強いパワーが漲るとされるのがヴィクトリア・ピークなのです

 

中国大陸から駆け抜けてきた龍脈が太平山の山頂を貫き、この場所には龍の強力なパワーが滞留すると言われています。

香港の絶景を楽しみながら同時に、この土地からエネルギーをチャージできる幸運のパワースポット、ヴィクトリア・ピーク。

それでは、龍がピークへ駆け登る龍脈を感じながら、風水のエネルギーが宿るヴィクトリア・ピークへ登ってみましょう

 

おススメの行き方は3つ。

その1: 徒歩

はい、ずばり徒歩です。 足です

風水に頼っているだけではいけませぬ 自らの足を使いましょう、、、というのは冗談ですが、それはさておき、徒歩はぜひオススメ!

ピークに登るハイキングコースのスタート地点は、太平山の麓に何ヶ所かあります。  中でもおススメは、舊山頂道 (Old Peak Road) を使うコース

MTR金鐘 (Admiralty) から 半山区 (Mid-Levels) へ伸びる緩やかな坂道、紅棉路 (Cotton Tree Drive) を羅便臣道 (Robinson Road)まで行き、そこから 舊山頂道 (Old Peak Road) に入ります。

香港で最も歴史のある私立病院の一つ、嘉諾撒醫院 (Canossa Hospital) が左前方に見えて来ますが、そこが舊山頂道 (Old Peak Road) の始まり。 舊山頂道は、18番地くらいまでは香港屈指の高級マンションが立ち並ぶ瀟洒なエリア。 18番地を過ぎると次第に道幅は狭くなり、徒歩専用の坂道ハイキングコースになります

太平山の豊かな緑に囲まれて自然のエネルギーを感じながら、歩いてるだけで元気が出る!、そんな登山ハイキングコースです。 スニーカーと飲み水と帽子を用意して、龍脈のパワーにぜひ逢いに行ってみてください

 

その2: 2階建バス

MTR中環にある、交易廣場 (Exchange Square) 下のバスターミナルから、新巴 (First Bus) 15番 山頂 (The Peak) 行きに乗ります。 又、15番バスは途中、大會堂 (City Hall) バス停、干諾道中 (Connaught Road Central) バス停、MTR金鐘 (Admiralty) C1 出口のバス停にも停まるので、そこから乗ることもできます。

 

この2階建バスがまた、意外に楽しい!

山道を登って行くにつれ、片側の急斜面には太平山の木々の緑、反対側を見下ろすと眼下に跑馬地馬場 (Happy Valley Racing Course) や高層ビル群の大都会といった、香港独特の正反対の景観を堪能できます。

 

 

高度が高くなるにつれ細く曲がりくねる山道は、時に車がすれ違うのもやっとの道幅。 すれ違う対向車が同じく大型バスや2階建バスだったりすると、お互いにスレッスレ!

 

 

それでも器用にハンドルを切り、何事もないかのように鼻歌を歌いながら進むベテランドライバーさんに、バスの乗客は皆心の中で、兄ちゃんグッジョブ!

山側からせり出した木の小枝が時々バスの車体に当たり、バリバリ!と大きな音を立てたりと、なかなかスリリングです

地元の人達も日常的に使うヴィクトリア・ピーク行きの2階建バス。 足は楽して景色は堪能  香港ローカル感いっぱい、2階建バスのお手軽ヴィクトリア・ピーク登山。 ぜひオススメです

 

その3: ピーク・トラム (山頂纜車: サンデンラムツェ)

世界でも屈指の歴史を持つ登山鉄道の一つ、香港のピーク・トラム。 1888年5月30日、当時の香港総督、Sir George William Des Vœux (サー・ジョージ・ウィリアム・デ・ヴー) による開通式典によって幕を開け、以来、130年の時を経て現在に至ります。

戦争の波に洗われ、国際的なスター達が出演する香港映画のロケ地としてもよく使われてきました。 海抜28メートルから397メートルまで、2両編成の車両が鋼鉄製のケーブルに引っ張られる形で、1.4キロの距離を約8分でゆっくりと登っていきます。

 

石炭を燃やしたスチームボイラーが動力だった開通当初以来、数回の世代交代を経て進化を遂げ、現在は、最新の科学技術を取り入れたコンピューター制御システムにアップグレード。 運行開始から130年間、1度も事故を起こしていないのも、知る人ぞ知るピーク・トラムの歴史雑学

太平山の熱帯雨林を抜けると、進行方向右手に忽然と姿を現すヴィクトリア・ハーバーの絶景は必見です。

徐々に角度を上げたピーク・トラムの最大傾斜は27度! 首が後ろから引かれるような重力が味わえます。 また、急斜面を登るため、トラムの右手に広がる高層ビル群がヴィクトリア・ピークに向かって落下するようにも見える、壮大な幻影を体験できるのも醍醐味です。

子供も大人もワクワクする、まるで夢の国アトラクションのようなピーク・トラム

駅は、中環 (Central) の 花園道 (Garden Road) 沿いにあり、午前7時から夜12時まで10-15分間隔で運行しています。

個人的にオススメの時間帯は、朝一番の乗車。 ピーク・トラムは、ヴィクトリア・ピークとセットで楽しむ観光名所として大人気なゆえ、乗車のための観光客の長蛇の列は必至。 朝ですとそれほど人も多くなく、山頂では朝一番の清々しい空気の中、いい龍脈が身体の中に染み込んでいくのを実感できるはずです

 

 

東洋の真珠と言われる、香港の風水パワースポット、ヴィクトリア・ピーク。

次回は、山頂 (The Peak) を実際に歩いてご案内しますね。 お楽しみに!

JUN

香港STYLE Vol.19 ヴィクトリア・ピークから⓵ (2018.05.12)

香港からこんにちは

異文化が出会い、相乗効果で繁栄を続ける香港。 新しいだけでも古いだけでもない、温故知新のワンダーランド。

東洋も西洋も、ハイもローも、モダンもクラッシックも、ポップもエレガンスも、いつも大胆。

そんな香港、世界3大夜景の一つにもなっている「香港100万ドルの夜景」。

 

ヴィクトリアハーバーを挟んで香港島と九龍半島に広がる有名なこの夜景。 きっと誰しもどこかで一度はご覧になったことがあるでしょう

 

街の騒音や熱気が、高い太陽の下でビルの隙間から湯気のように立ち昇る昼間。 夕焼けに照らされたガラス張りの高層ビル群が、ハーバーの水面に反射して黄金に輝く夕方。 スッキリと晴れた夜空の下で、色とりどりのカラーダイヤモンドが輝いているかのような摩天楼の夜景。

香港「100万ドルの夜景」は、時間帯によってもそれぞれ違った表情を見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

摩天楼の景色は、いつ見ても躍動的でダイナミック。 大胆で自由で明確な表現を好む、まるで香港人そのもの。

そんな、香港を圧倒的な迫力で感じられる場所、それが「ヴィクトリア・ピーク」です。

広東語で、山頂 (サーンデン)。 英語で The Peak。

 

ヴィクトリア・ハーバーと香港の中心部を見下ろす、香港島で一番高い山、標高552メートルのヴィクトリア・ピーク。

この山全体は大平山 (タイピンサン) といい、山頂 (ヴィクトリア・ピーク) は、太平山の実際の頂上から少し下がったギャップ部分にあります。

 

19世紀初頭には、香港の港に入ってくる貨物船にとって、香港到着を確認する目印としての役割を担っていたヴィクトリア・ピーク。

1868年頃、当時の香港総督 Sir Richard MacDonnell (サー・リチャード・マクドネル) が、ピークの幾分か涼しい天候に目をつけ、避暑用の別荘を建設。 その後富裕層が続々と移住するようになったのが、ヴィクトリア・ピークが高級住宅地として知られるようになった始まりでした。

 

 

亜熱帯性気候特有の蒸し暑さに慣れていない英国やヨーロッパの上流階級の人々にとって、高温多湿の香港の暑さを少しでもしのげる、絶好の避暑地として開発されていったのです。

当時の香港の上流階級とは、商社、商船、金融事業に関わる羽振りのいい外国人か、宗主国イギリスから派遣される英領香港政府の役人達、各国政府の外交官達でした。

 

 

 

さらに1904年には、ヴィクトリア・ピークでの居住権が、外国からの使節や実業家のみの特権とされ、このエリアのステイタスはますます高まっていきました。

当時の香港住民の殆どは、小さく点在する漁村、農村で生計を立てていた頃。 香港人で貿易や金融業などに携わる裕福な実業家はまだおらず、実質的にヴィクトリア・ピークは特権階級による外国人専用居住区だったわけです。

そして、地元住民の香港人にはピークの居住を認めないという条例まで作られ、彼らは、英総督の許可なしにこのエリアに入ることすらもできなかったそうです。

表向きは、その頃世界的に流行した疫病ペストから身を守るという名目でしたが、実際には植民地政府による地元住民への人種的、社会的隔離という側面もあったのだとか。

さすがにこの制度は40年以上施行された後、1947年に廃止されましたが、その後もピークは香港を代表する超高級住宅地として、そこに居住する社会的ステイタスは高く、それに伴い不動産取引き額は現在もヒートアップ

昨年秋には、ピークの高級マンション The Mount Nicholson が一戸約167億円で売却され、購入者は香港人というだけで名前は明かされませんでしたが、同人物が数戸同時に購入し話題にもなりました

 

ピークだけでなく近年の香港の不動産価格は、一平方フィート当たりアジア最高額を記録し続けており、現在も元気に更新中です

 

 

当時を彷彿とさせるコロニアルスタイルの大邸宅や、ヴィクトリア・ハーバーを全方向見渡せる場所に万全のセキュリティや贅沢な最新設備を備えた低層建築の豪華マンションなど、緑豊かな太平山に点在するピークの家々は、風水の点からも最高の場所。

ピークは、九龍半島から南シナ海に抜ける龍の通り道とされていて、「龍が通る」すなわち、富が流れる=循環する、と言われています。

 

 

 

 

 

激動の歴史に翻弄され不条理な環境下にありながらも、賢く逞しくしなやかに生き延び、見事な繁栄を遂げてきた香港。

富にモノを言わせ、贅の限りを尽くした都市は世界中にいくつかありますが、香港がそのどれとも圧倒的に違うのは、街の成熟度のような気がします。

香港を支えてきた香港人の知性と愛嬌、冷静な勇気と大胆な行動力。 100万ドルの夜景の煌めきは、それら無くしてはもしかしたら存在しなかったのかもしれません。

そんなことを想いながら次回は、さっそくピークに登ってご案内しますね。  どうぞお楽しみに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUN