タグ別アーカイブ: ハイキング

香港STYLE Vol.20 ヴィクトリア・ピークから⓶ 登り方編 (2018.05.19)

香港からこんにちは

香港島と九龍半島の摩天楼、ヴィクトリア・ハーバーの絶景を楽しめる観光名所、

ヴィクトリア・ピーク (山頂)

 

いつ訪れても、何度訪れても感動と開放感を味わえる、私も大好きな場所です。

ヴィクトリア・ピークは、生粋の香港人にとっても実は特別な場所。 それはここが、風水で「龍の起点」と言われているからです。

街そのものが世界最強の風水スポットと言われる香港。 その中でもさらに、強いパワーが漲るとされるのがヴィクトリア・ピークなのです

 

中国大陸から駆け抜けてきた龍脈が太平山の山頂を貫き、この場所には龍の強力なパワーが滞留すると言われています。

香港の絶景を楽しみながら同時に、この土地からエネルギーをチャージできる幸運のパワースポット、ヴィクトリア・ピーク。

それでは、龍がピークへ駆け登る龍脈を感じながら、風水のエネルギーが宿るヴィクトリア・ピークへ登ってみましょう

 

おススメの行き方は3つ。

その1: 徒歩

はい、ずばり徒歩です。 足です

風水に頼っているだけではいけませぬ 自らの足を使いましょう、、、というのは冗談ですが、それはさておき、徒歩はぜひオススメ!

ピークに登るハイキングコースのスタート地点は、太平山の麓に何ヶ所かあります。  中でもおススメは、舊山頂道 (Old Peak Road) を使うコース

MTR金鐘 (Admiralty) から 半山区 (Mid-Levels) へ伸びる緩やかな坂道、紅棉路 (Cotton Tree Drive) を羅便臣道 (Robinson Road)まで行き、そこから 舊山頂道 (Old Peak Road) に入ります。

香港で最も歴史のある私立病院の一つ、嘉諾撒醫院 (Canossa Hospital) が左前方に見えて来ますが、そこが舊山頂道 (Old Peak Road) の始まり。 舊山頂道は、18番地くらいまでは香港屈指の高級マンションが立ち並ぶ瀟洒なエリア。 18番地を過ぎると次第に道幅は狭くなり、徒歩専用の坂道ハイキングコースになります

太平山の豊かな緑に囲まれて自然のエネルギーを感じながら、歩いてるだけで元気が出る!、そんな登山ハイキングコースです。 スニーカーと飲み水と帽子を用意して、龍脈のパワーにぜひ逢いに行ってみてください

 

その2: 2階建バス

MTR中環にある、交易廣場 (Exchange Square) 下のバスターミナルから、新巴 (First Bus) 15番 山頂 (The Peak) 行きに乗ります。 又、15番バスは途中、大會堂 (City Hall) バス停、干諾道中 (Connaught Road Central) バス停、MTR金鐘 (Admiralty) C1 出口のバス停にも停まるので、そこから乗ることもできます。

 

この2階建バスがまた、意外に楽しい!

山道を登って行くにつれ、片側の急斜面には太平山の木々の緑、反対側を見下ろすと眼下に跑馬地馬場 (Happy Valley Racing Course) や高層ビル群の大都会といった、香港独特の正反対の景観を堪能できます。

 

 

高度が高くなるにつれ細く曲がりくねる山道は、時に車がすれ違うのもやっとの道幅。 すれ違う対向車が同じく大型バスや2階建バスだったりすると、お互いにスレッスレ!

 

 

それでも器用にハンドルを切り、何事もないかのように鼻歌を歌いながら進むベテランドライバーさんに、バスの乗客は皆心の中で、兄ちゃんグッジョブ!

山側からせり出した木の小枝が時々バスの車体に当たり、バリバリ!と大きな音を立てたりと、なかなかスリリングです

地元の人達も日常的に使うヴィクトリア・ピーク行きの2階建バス。 足は楽して景色は堪能  香港ローカル感いっぱい、2階建バスのお手軽ヴィクトリア・ピーク登山。 ぜひオススメです

 

その3: ピーク・トラム (山頂纜車: サンデンラムツェ)

世界でも屈指の歴史を持つ登山鉄道の一つ、香港のピーク・トラム。 1888年5月30日、当時の香港総督、Sir George William Des Vœux (サー・ジョージ・ウィリアム・デ・ヴー) による開通式典によって幕を開け、以来、130年の時を経て現在に至ります。

戦争の波に洗われ、国際的なスター達が出演する香港映画のロケ地としてもよく使われてきました。 海抜28メートルから397メートルまで、2両編成の車両が鋼鉄製のケーブルに引っ張られる形で、1.4キロの距離を約8分でゆっくりと登っていきます。

 

石炭を燃やしたスチームボイラーが動力だった開通当初以来、数回の世代交代を経て進化を遂げ、現在は、最新の科学技術を取り入れたコンピューター制御システムにアップグレード。 運行開始から130年間、1度も事故を起こしていないのも、知る人ぞ知るピーク・トラムの歴史雑学

太平山の熱帯雨林を抜けると、進行方向右手に忽然と姿を現すヴィクトリア・ハーバーの絶景は必見です。

徐々に角度を上げたピーク・トラムの最大傾斜は27度! 首が後ろから引かれるような重力が味わえます。 また、急斜面を登るため、トラムの右手に広がる高層ビル群がヴィクトリア・ピークに向かって落下するようにも見える、壮大な幻影を体験できるのも醍醐味です。

子供も大人もワクワクする、まるで夢の国アトラクションのようなピーク・トラム

駅は、中環 (Central) の 花園道 (Garden Road) 沿いにあり、午前7時から夜12時まで10-15分間隔で運行しています。

個人的にオススメの時間帯は、朝一番の乗車。 ピーク・トラムは、ヴィクトリア・ピークとセットで楽しむ観光名所として大人気なゆえ、乗車のための観光客の長蛇の列は必至。 朝ですとそれほど人も多くなく、山頂では朝一番の清々しい空気の中、いい龍脈が身体の中に染み込んでいくのを実感できるはずです

 

 

東洋の真珠と言われる、香港の風水パワースポット、ヴィクトリア・ピーク。

次回は、山頂 (The Peak) を実際に歩いてご案内しますね。 お楽しみに!

JUN

香港STYLE Vol.14 楽園の休日 (2018.04.07)

香港からこんにちは

香港の学校は、今どこもイースター休み (復活祭の春休み) 。 5月頃から始まる高温多湿の本格的な雨季&夏を前に、香港の人達は様々な屋外活動に繰り出しま

屋外スポーツやスポーツ観戦、キャンプ、遊園地、ヨットやボート遊び、バーベキュー、そして、、、

 

ハイキング

 

今回は香港人にも人気の、日帰りハイキングスポットをご紹介します。

 

南Y島 (Lamma Island)

南シナ海に浮かぶ南Y島は、香港島の南西に位置する島です。

香港島、中環 (Central) のフェリーターミナル4番乗り場から、榕樹灣 (Yung Shue Wan)行きの定期便フェリーで約30分

さぁ出発

 

南シナ海の色は日によって少しづつ違って見えますが、晴れていると本当に柔らかできれいなブルーグリーン色

 

香港の人達が、富と長寿のお守りとしてよく身につけている翡翠の色ともよく似た海の色。 そんな海をボーッと眺めながらのフェリー時間。

いつもは香港島から見ている南シナ海を、今度は海から香港島を見ながら、フェリーは水しぶきをあげて進みます

 

そして行き着いた先には、柔らかい陽射しに包まれた穏やかな景色が

 

つい先ほどまで目にしていた金融街の高層ビル群、60階建の高層住宅、煌びやかなインターナショナルブティックの数々、、、あれは蜃気楼だったのかしら?と思うような別世界が、そこに広がります。

 

1980年代頃から、香港郊外の住宅区としての役割を果たすようになった南Y島。
それまでは、島内に20あまりの小さな村が散らばる香港の離島でした。 従来島に住む人々は、稲作と漁業で生計を立てていたそうです

島内の細い道は、物を運搬する小さなトラクターこそ時々走りますが、車はなし。 車は禁止ですので、信号機もありません。 自転車が、彼らの移動手段です

時が止まったかのような低層一戸建てのゆったりとした街並みや、人口密度の低さ、自然の豊かさ。

贅沢で煌びやかでマテリアリスティックな合理主義という側面も併せ持つ、香港の都市生活の全てをひと通り経験した人達、特に西洋人を惹きつけ、静かなヴィレッジライフに憧れて、敢えてこの島を住居に選ぶ高給エグゼクティブもいます。

 

フェリー乗り場のすぐ近く、ローカルショップの並ぶハイストリートのような所を通り抜け、さぁ、ハイキングのスタート

 

木々に囲まれたハイキングコースは、ごく緩やかな登りの傾斜。  コース全体の傾斜はそれほどきつくないので、子供から大人まで楽しめます。

一説によると、一日に歩く距離が世界で一番多いのは香港人なのだとか。  もっとも、単純に「歩く距離」というよりは、彼らは行動のスピードが早いゆえ歩く距離もそれに比例して多くなる 、というのが正しいような気もしますが

とにかく、香港人は行動的。 歩くの大好きです

 

時々、可愛らしい色の小さな野花に見惚れてみたり、パパイヤの実のなる木を見上げてみたり

 

ハイキングコースの要所ごとには、案内標識も出ているので安心。 まず迷うことはありません。

 

そして南Y島の有名なビーチ、洪聖爺灣泳灘 (Hung Shing Yeh Beach)。

木々に囲まれたグリーンのトンネルを歩き続け、ふわっとひらけた場所に出た時の、心の開放感とちょっとした脳の脱力感。

誰もが幸福になる瞬間です

 

ビーチを過ぎると、再び細く緩やかな登り坂のハイキングコース。

 

一人で考え事をしながら、時々ボーッと景色を眺めながら、一緒に来た人達とノンストップでお喋りをしながら。 それぞれが好きなスタイルで思い思いに自然を楽しめるのも、ハイキングの醍醐味ですね

そしていつのまにか私達は、見晴らしのいい山頂パビリオンへと導びかれていきます。

 

辿り着いた南Y島の山頂からの眺め。

 

高層ビルや街の騒音はどこにもありません。 あるのは、海と空と山。 空気は澄み渡り、時折どこかから聞こえる鳥の声。 目の前には、どこまでも続く海が広がります

 

山頂でゆっくり景色を楽しんだ後は、今度は緩やかな下り坂。 いくつかの集落を通り過ぎながら、島の反対側にある帰りのフェリー乗り場、索罟灣 (Sok Kwu Wan) という村を目指して歩きます。

途中、山の中腹から見下ろす南Y島の漁村や、彼方にうっすらと香港島も見えはじめ、また少しずつ楽園から日常の世界に戻って行くかのよう。 その感覚もまた、とっても不思議でなぜか愛おしい。

 

 

ハイキング最終地点、索罟灣のフェリー乗り場周辺には、海鮮レストランがたくさんあり、フェリーまで時間があればぜひこちらで食事もおススメです。 シーフードの新鮮さは最高級。 生け簀から取って調理してくれます

 

南Y島のサンセットを眺めながら食べる新鮮なシーフード料理は、歩き疲れた身体を癒してくれる格別のお味。

 

どこまでも静かでどこまでもきれいで、どこまでも穏やかな南Y島の自然。

ものすごくドラマチックな何かがあるわけではありませんが、いつの間にか心に沁み入る、自然と人間の優しい調和があります。

 

帰りのフェリー、香港島に連なる高層ビルの煌びやかな夜景が見えてくると、それはそれでなぜか私達をホッとさせてくれる、そんな優しさもある香港。

国際近代都市であり、南国の楽園。

香港を訪れたら、こんな楽しみ方もおススメです

 

JUN