アートトーク<エミール・ガレ、アール・ヌーヴォーの華>を開催いたしました。

第9回 EL SAITO アート・トーク 7月6日(土)~8日(月)の3日間開催いたしました。

19世紀末にヨーロッパで開花したアール・ヌーボー(Art Nouveau)芸術。その代表的な芸術家の一人 エミール・ガレ(ガラス工芸家)の人生を通して、日本美術との深い関わりと、彼がフランス近代史にどう絡んだのかを約2時間にわたり、じっくりご紹介させていただきました。

<エミール・ガレ、アール・ヌーボーの華>として、大きく2つのテーマに分けての内容です。
① アール・ヌーヴォーとは?
② エミール・ガレをより深く理解するためのキーワード

3日間で約100名の方にご参加いただき、皆様熱心に資料に目を通しながら聞き入られていました。

皆様のご感想を少しご紹介いたします。

*ガレの作品が大好きで、今日はとても楽しみに来ました。ジャポニズムがガレに大きな影響を与えたこと、また、その時代の歴史背景を知ることで、より深い興味を持つことができました。楽しかったです。

*東京に出かけなくても、こんな近くで、こんなに素晴らしいセミナーを聞くことができるなんて嬉しいわ。

*最近出かけることが少なくなってきちゃって、こうしてエルサイトウさんへ出かけることができて、みなさんとお話しできることも楽しい。

*毎回楽しみに来ています。知らなかったことを知ることができる、いくつになっても勉強ですね。

*娘も興味を持ったので、家族3人で参加させていただきました。想像していた以上に素晴らしいお話しで、次回も楽しみです。また、3人で参加させていただきますね。

*前回の「長谷川等伯」のお話を伺ってから京都に行くことがあったので、智積院に行ってきました。お話しを伺っていたので、「桜図」「楓図」を見ることができて、本当に良かったです。

次回 第10回 アートトークは、9月28日(土)~30日(月)
テーマは「ファン・ゴッホの世界」です。

どうぞお楽しみに!