香港STYLE Vol.53 新年快樂! (2019.01.05)

香港からこんにちは

 

新年快樂 (サンニンファイロッ)

 

新年、明けましておめでとうございます。 本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます

 

皆様は、今年はどのような新年を迎えられましたか?

遠くに響く除夜の鐘をしんみりと聞きながら、目の前のハッピーターンに手が伸びてしまう、食欲煩悩ウェルカムの大晦日だったり、

鼻凍って折れそな中、甘酒に釣られ除夜の鐘を撞きにお寺さんへ来たはいいけれど、甘酒サービスなかったら絶対私ココ来てないよね〜、な信仰心ゼロ、煩悩満載という年越しだったり、

紅白 ➡︎ ゆく年くる年、、のはずが、「絶対に笑ってはいけない」に絶対チャンネルを変えてしまう、初志不貫徹、お笑いあっぱれの年越しカウントダウンだったり、

ストイックに頑張る箱根駅伝のアスリート達を見ながら、じゃがビーとカプリコをお供に、こっちはTVの前で全然ストイックじゃない、完全に食べ正月だったり。。。

(全て身に覚えアリ)

 

そんなスタートもこんなスタートも、どんな新年のスタートでも、今年も謙虚に感謝の気持ちを忘れずに、1日1日を大切に過ごしていきたいですね

 

さて、香港の New Year といえば、ヴィクトリア湾のカウントダウン花火。

 

そもそも中華圏の新年は、どう天地がひっくり返っても旧正月 (春節) が本流。 西暦の新年は、まぁどうでもいいんです、というのが本音。

ですので香港で西暦1月1日は、日本のような深イイ話やちょっとした哲学や折り目正しさなど、いわゆる行事に込められる意味合いなどは一切なく、単に「年号が変わった最初の日」というだけの、見事なスルーのされっぷりとなります

 

イギリスと香港で過ごしてきたお正月数が日本で過ごしたお正月数を超えてしまっている私は、イギリス人と香港人の「年末年始への思い入れ一切な〜し」感は、それはそれで結構心地よく好きだったりもします

それに、クリスマス当日を過ぎても12日間は、宗教上、実はまだ絶賛クリスマス・セレブレーション期間中。

12月25日夜までにはクリスマスデコレーションを全て撤去し、翌26日朝には街がお正月デコレーションに一変している日本とは違い、香港やイギリスでは、25日を過ぎても飾り付けもツリーもクリスマスのまんま。

クリスマス色いっぱいの大晦日、新年を迎え (片付けが面倒くさくてやってないんじゃないんです)、1月2日から街は平常運転、朝の通勤ラッシュも戻ります。 それが香港スタイルの新年なのです

 

 

やることなすこと彼らの思考や文化的な厚みは少々薄いように見えても、人を瞬時に楽しませる (あくまでも瞬時。時間をかけてじっくり後からいいなぁ、、などという成熟は、香港ではなかなかお目にかかれませぬが) 瞬発力と行動力のある「遊び」にかけては超一流な香港人。

クリスマスや旧正月、バレンタイン、中秋節など季節ごとの行事で金融街高層ビルのライトアップが様々な表情を見せるのも、楽しみの一つになります。

 

HSBC (香港上海銀行) ビルに浮かび上がるハート

 

と思ったらニコニコマーク

 

上層階にはリッツカールトンも入る、ICC (International Commerce Centre) ビルも、ハートで新年の準備

 

と思ったら、この118階超高層ビルに、特大ニコニコマークが浮かび上がり

 

そうこうしているうちに、10秒前のカウントダウンが始まり。。。

 

HAPPY NEW YEAR 2019

 

2019年が皆様にとって、健康で穏やかで、小さなハッピーを毎日感じられる、そんな素敵な1年でありますように

 

JUN