香港STYLE Vol.34 ミニバス⓶ きつねとたぬきと肺活量 (2018.08.25)

香港からこんにちは

 

赤いきつねと緑のたぬきこと、香港の「マルちゃん」、紅色小巴と綠色小巴。 

赤色と緑色の屋根を持つマイクロバスで、香港全土を縦横無尽に走り回る香港市民の頼れる足、ミニバスです。

 

定員16名。 始発駅、先頭から何度数え直しても17番め、数え間違いだったと直前に気付く17番め。。。 どちらにせよ、乗れないことには違いない、17番めの憂い

すぐ前にいた16人を乗せて走り去るミニバスをぼんやり眺めながら、いや、ちょっと待て

てことは、次のバスでは誰がどう数えても、自分は一番め。ドヤ顔で一番乗り、席の選択肢はどこでもオッケー16チョイス

さっきまでの、背中に雨雲かかってます感はどこへやら。 気分は一気に晴れ渡り、夏の男TUBE前田寸前

 

そう、ミニバス始発駅の17番めは、憂いどころか、キラッキラに前向きの17番め

、、、とまぁ、香港のきつねとたぬきは、こんなミジンコサイズの心の器を泣いて笑って満たしてくれるヤツなのですわ。

 

さて、香港ミニバスの乗り方ですが、きつねもたぬきも捕まえ方はいっしょ。

始発駅なら、ポケ〜っと待っていればいつかは必ず乗れますが、路線上のバス停ではそうはいきません。

「ワタシここにいま〜す、乗りたいんで〜すっ!」と手を上げて、鋼のように強い乗車意思を運ちゃんに知らせなくては止まってくれません

 

運ちゃんもプロ。 満席ですと、路上のバス停からラブコールを送る乗客に見える様に、ダッシュボードにのカードを置き、同時に、片手で「無理無理、悪りぃね」と、ロイヤルウェイブならぬ、つれないウェイブ👋🏻👋🏻で満席合図をしてくれるのですが、席がまだあると、減速しながらドアを開けて止まってくれます。

 

注: はい、この、減速しながらドアを開け‥‥云々、大抵のミニバス運ちゃんがよくやります。

要するに、停車したら間髪入れずに乗客を乗せたい=少しでも時間短縮したい、運ちゃんの都合最優先という理由から、減速しながらもうドアを開け、加速しながらやっとドアを閉めるという、でた、同時進行あっぱれ香港スタイル

でも高齢者や子供のことはちゃ〜んと見ていて、席に座るまで発進せずに待っていてくれます

 

さて、乗ってからが少し違うのが、きつねとたぬき。

まず、たぬき。 綠色小巴。

 

これは管轄が香港政府で、路線もバス停の場所も料金も全て決められています。  

料金は乗車時に払う前払い方式で、料金箱 (青丸) に小銭を入れるか、もしくはオクトパスカード (香港のほとんどの交通機関使えるプリペイドカード) の機械 (赤丸)に、ピッ

 

小銭で払う場合、運賃はオクトパスカード機械の上に表示されていますので、それで金額をチェック。

お釣りは出ませんので、ぴったりの小銭がなかったら、減速しながらドアを開けちゃう運ちゃんへの敬意を表して、多めに払うのが暗黙のルール。 運ちゃん > 乗客の構図は永遠です

多めとはいっても、最長で乗っても 6.5香港ドル前後 (約92円) と、もともとが目くじらを立てるような金額ではないですしね

 

では、きつね。 紅色小巴はというと。。。

これは管轄が、香港マフィア 

映画などエンターテインメント業界にも強いパイプを持ち、全世界に散らばる構成員は6万人とも言われる、潮州系ルーツの香港マフィア「新義安」が紅色小巴を牛耳っているというのは、香港人なら口にせずとも知っている、公然の秘密

 

ちなみに、潮州系華僑は華人の中でも独特のビジネスセンスに長けていると言われ、アジア一の大富豪、李嘉誠 (Li Ka Shing) や、人気大物歌手、鄭秀文 (Sammi Cheng) なども潮州系香港人です。

 

はい、このきつねこと、紅色小巴。 運賃は基本的に自由設定。 路線は、始発地点と終点のみが決められており、駐停車禁止エリア以外では、どこでも乗降車できます。 乗車時に運ちゃんに降りたい場所を告げ運賃を聞き、降車時に運ちゃんに支払います。  

お釣りはもらえますが、たったの5ドル運賃を支払うのに500ドル紙幣などは、間違っても出してはいけません。 そんなことでもしたら、ドスの効いた声で罵倒されるのは必至 気をつけましょう。

 

料金箱はなし。 決まった料金設定もなし。 でも、紅色小巴で10香港ドルを超えることはまずないですし、ぼったくるようなことは決してありません。 香港マフィアはそんな、器ちっさ〜なことは致しません

 

 

きつねもたぬきも、運ちゃん達の広東語しか解さない率100パーセント (て全員かいっ)。 

そのため、乗り降りは全て運ちゃんとの広東語による直接交渉になります。

 

紅色小巴は特に、自分の行き先を的確に伝えられる、高度な広東語コミュニケーション能力が必要で、香港の交通機関では難易度トップレベル。

降りたい駅や場所が近付いて来たら、運ちゃんに、

「有落(呀)、唔該!(Yau lok (ah)、 mm goi!)」

「降りるぜ、ヨロシク!」

と大声で主張 

止まれと言われても、どこでもすぐに止められるわけではないため、運ちゃんの声かけのタイミングも大事。 イラッとされないためのベストタイミングは、信号待ち中や降りたい200〜300m手前になった頃。

 

ローカル的ミニバス攻略法、それは十分な土地勘、広東語コミュニケーション能力、それに、大声が出せる肺活量、その3点が必須条件という、ちょっぴり変わった香港スタイルでした

JUN

 

Pocket